お月見2016:仲秋の名月、中秋の名月、十五夜はいつなの?

9月のイベントといえば、十五夜の「お月見」ですね。

お月見のイメージといえば、団子をお供えして、

月を眺めてお団子食べてを食べるって感じですかね。

2016年のお月見の天気はどうなんでしょうね。

良い天気のことを願います。

予報では、東京はあまり良い天気では、ないみたいですよ。

お月見の由来、いつするのかなどをお月見を

手軽に楽しむために、いろいろ調査しました♪

早速ですが、それでは行ってみましょう!


Sponsored Links


お月見とは?

お月見

お月見とは、旧暦の8月15日にお月様を鑑賞する行事であり、

この日のお月様は、「仲秋の名月」「中秋の名月」「十五夜」と呼ばれています。

月見の日には、おだんごやお餅(中国では月餅)、ススキ、サトイモ等をお供えして月を眺めます。

お月見の由来は、最近の研究によると、

中国各地で、月見の日にサトイモを食べることから、

サトイモの収穫祭であったという説が有力となっています。

その後、中国で宮廷行事としても行われるようになり、

それが日本に入ったのは奈良~平安時代頃のようです。

仲秋の名月、中秋の名月、十五夜とは?

仲秋の名月

旧暦の秋は7月・8月・9月。

7月を初秋、8月を仲秋、9月を晩秋といいます。

仲秋とは8月の別称で、仲秋の名月=8月の名月という意味となります。

中秋の名月

秋のちょうど真ん中の日を中秋といい、8月15日が中秋にあたります。

中秋の名月=8月15日の名月という意味になり、

十五夜のときは中秋の名月と書く場合が多いらしいです。

「中秋」とは、旧暦の秋(7月、8月、9月)の真ん中の「日」を指す言葉で

旧暦の8月15日のことになります。

十五夜

「十五夜」とは、満月のことになります。

1年に12~13回巡ってきます。

旧暦の8月15日は一年のうちで最も空が澄み渡り、

お月様が明るくて美しいとされていたため、

平安時代から観月の宴が開催され、江戸時代からは収穫祭として開催されるようになりました。

2016年のお月見はいつするべきなの?


Sponsored Links


十五夜のお月見は、毎年、旧暦の8月15日になります。

この日を「十五夜」と言うのです。

「十五夜」と言うからには、15日が中秋の名月だろうと思いがちです。

しかし毎年9月中旬~10月上旬の間に旧暦の8月15日が訪れます。

これは、旧暦と現在の暦の数え方の違いから発生するものなので

毎年日にちが違うです。

2016年(平成28年)の十五夜は9月15日(木)になります。

今年はたまたま15日になっておりますが、

2017年(平成29年)の十五夜は10月4日(水)になります。

今後の予定を下記にまとめておきます。

・2016年(平成28年):9月15日(木)

・2017年(平成29年):10月4日(水)

・2018年(平成30年):9月24日(月)

・2019年(平成31年):9月13日(金)

・2020年(平成32年):10月1日(木)

Sponsored Links


おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ