新幹線チケット予約で安く簡単に購入する方法(JR東日本)

世間は、もうすぐお盆休みとなりますが、今年は8月11日(木)が山の日になったので、

いつもよりお盆休みが長い人が居るのではないでしょうか?

実家に帰るのもお盆の時か正月の人も多いと思いますが、

意外と交通費が高いので、帰らない人もいるかと思います。

帰りたいのにお金で帰れない人のために

新幹線チケット予約で安く簡単に購入する方法(JR東日本)を調査しましたので、

ご参考にしてください♪

早速ですが、それでは行ってみましょう!

Sponsored Links

新幹線チケット予約で安く簡単に購入する方法(JR東日本)

新幹線,チケット,安く

JR東日本が提供している「えきねっとトクだ値」を使うことで、

JR東日本の新幹線チケットを定価より、

最大50%割引で購入することができます。

「えきねっとトクだ値」が販売されている新幹線は以下の通りです。

・東北新幹線(東京〜新青森)

・山形新幹線(福島〜新庄)

・秋田新幹線(盛岡〜秋田)

・上越新幹線(東京〜新潟)

・北陸新幹線(東京〜金沢)

・北海道新幹線(新青森~新函館北斗)

えきねっとホームページ
https://www.eki-net.com/top/index.html

えきねっとトクだ値とは?

JR東日本のウェブサイト「えきねっと」の会員限定のチケットです。

「えきねっと」は誰でも無料で会員になれますので、

「えきねっとトクだ値」も誰でも使うことが可能です。

片道の「乗車券+指定席特急券」がセットになって販売されています。

「えきねっとトクだ値」の値段・予約・購入

Sponsored Links

「お先にトクだ値」は、JR東日本管内の新幹線に設定があり、

時期により値段は変わります。

「お先にトクだ値」が約25%〜35%割引、

「お先にトクだ値スペシャル」が約50%割引です。

予約は乗車日の1ヶ月前(同日)の午前10:00から13日前の午前1時40分までです。

列車・席数は限定で、週末や使いやすい列車は早めに売り切れてしまいます。

50%割引の「お先にトクだ値スペシャル」は発売開始直後に完売になることも多いです。

予約・購入にクレジットカードが必要です。

主要なカードは全て使えます。

割引率分ぐらいのキャンセル料がかかるので要注意です。

「お先にトクだ値」「お先にトクだ値スペシャル」のキャンセルできるの?

「お先にトクだ値」「お先にトクだ値スペシャル」で申し込み後、キャンセルは可能です。

しかし、指定列車の発車前で未使用の場合に限ります。

きっぷの受取り前にインターネットから払戻す場合は発車6分前までです。

きっぷの受取り前で乗車日当日までに払戻された場合、座席1席につき300円の手数料がかかります。

きっぷの受取り後に払戻された場合、発売価格の割引率分の手数料がかかります。
(例:25%割引の場合は25%の手数料)。

ただし座席1席につき最低530円の手数料がかかります。

結構かかるのでキャンセルの際は、びっくりしないように。

「お先にトクだ値」「お先にトクだ値スペシャル」で乗り遅れた場合

指定列車に乗り遅れた場合、きっぷは無効です。

後続列車の自由席・立席などに乗ることはできません。

払い戻しもありません。

乗り遅れないように気をつけてくださいね♪

Sponsored Links
おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ