夏休み(お盆)期間の軽井沢の渋滞状況と回避方法。

夏休みの中でもお盆休み期間の軽井沢は、

1年のうちで一番混む期間となります。

毎年、夏に来ている筆者が、体験し、渋滞状況と回避方法を調べました。

早速ですが、それでは行ってみましょう!

Sponsored Links

夏休み(お盆)期間の軽井沢の渋滞状況は?

「午前中に軽井沢に到着できればいい」という予定で出発すると、

まずは、関越自動車道で渋滞にはまり、碓氷軽井沢ICを降りてからも渋滞となり、

半日以上車の中、車を降りられるのは夕方近くということになる可能性があります。

夏休み(お盆)期間中の軽井沢は、渋滞がひどく、まったく動かないことがあります。

それはアウトレットに入る駐車場が混んでいるために

満車等になっていて動かないためだと思われます。

それとお盆時期の週末に軽井沢72ゴルフトーナメントが

あるのでそれでも車が増えていると思います。

軽井沢町内も国道18号、国道18号バイバスがまったく動かないために、

どこも混雑しています。

抜け道等はありますが、道が細く、地元の人がスピードを出して通っているので

お勧めはできません。

車をぶつけたらお金もかかりますからね。。。

夏休み(お盆)期間の軽井沢の渋滞回避方法は?

①朝早く自宅を出発する

渋滞にはまらずに車で軽井沢に行くためには、一番は、朝早くに自宅を出発することです!

夏休み(お盆)期間中のアウトレットの営業時間は朝9時から夜9時までになっていますので

ほかの時期より早めに行かないといけません。

8時前に軽井沢に着くようにしてください。

②午後4時頃に着くように出発する

朝早く起きれなかった場合は、急いで行かずに夕方ぐらいに着くように出発することです。

夕方になると帰る車が多くなりますので、反対車線は空いてきます。

アウトレットがメインに行く人でしたら夜9時までやっていますので、十分楽しめると思います。

③パークアンドライドを使用する

車で軽井沢に入るのではなく、しなの鉄道の駅(中軽井沢駅、信濃追分駅、御代田駅)の

駐車場に1日500円で駐車できますので、しなの鉄道に乗って、軽井沢へ入る。

Sponsored Links
おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ