紅葉狩りの意味・由来は?2016の紅葉狩り時期はいつが最適?

紅葉狩りってなんで紅葉を狩るっていうんでしょうね?

紅葉を捕まえることから由来が来ているんではないでしょうか。

紅葉を捕まえるって意味が分からないですよね~♪

そんなことを知らない筆者が、

紅葉狩りの意味・由来、2016年の紅葉狩り時期を調査しました。

早速ですが、それでは行ってみましょう!

Sponsored Links

紅葉狩りの意味・由来

紅葉狩り

紅葉狩りの「狩り」は、獣を捕まえる意味で使われていたそうですが、

野鳥や小動物を捕まえる意味に広がり、さらに果物などを採る意味にも使われるようになったそうです。

果物を採る意味では、現在でも「いちご狩り」や「ぶどう狩り」などに使われています。

やがて「狩り」は草花を眺めたりする意味にも使われ、「紅葉狩り」と言うようになりました。

2016の紅葉狩り時期はいつが最適?

Sponsored Links

北海道

毎年、紅葉狩りの見頃が一番早いのは、「大雪山旭岳」です。

昨年(2015)の見頃は9月11日頃。

現時点では2015年より平均気温が低いので、

見頃は9月11日より早くなると思われます。

東北

東北地方での紅葉狩りで有名なのは、「山形蔵王」です。

昨年(2015)の見頃は10月2日頃。

現時点では例年との気温差がないことから、

見頃は同じような時期になると思われます。

関東

東北地方での紅葉狩りで有名なのは、「上高地(河童橋付近)」です。

昨年(2015)の見頃は10月11日頃。

現時点では昨年(2015)よりやや高めの気温となっているので、

昨年(2015)の見頃時期より数日遅い紅葉狩りになると思われます。

人気のある「高尾山」での見頃は11月13日頃でした。

関西

関西地方での紅葉狩りで有名なのは、「嵐山」です。

昨年(2015)の見頃は11月20日頃。

過去3年の平均気温は1度以上変化していますが、見頃時期に変動は無いので、同じような時期になると思われます。

九州

九州地方の紅葉狩りで有名なのは、「菊池渓谷」です。

2014年から2015年にかけて平均気温が上がっているのもあって、見頃時期は2日ほど遅れています。

現時点では、昨年(2015)よりも平均気温はさらに高くなっています。

昨年(2015)の見頃11月12日より数日遅い時期になると思われます。

Sponsored Links
おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ