菅野美穂と松嶋菜々子は不仲?砂の塔のネタバレや犯人予想

2016年10月14日(金)夜10時からTBS系の金曜ドラマ「砂の塔〜知りすぎた隣人」がスタートします。

「砂の塔〜知りすぎた隣人」は、完全オリジナルドラマで、タワーマンションを舞台にしたサスペンスドラマということで注目を集めています。

「砂の塔〜知りすぎた隣人」に出演するのは、大物女優の菅野美穂さんと松嶋菜々子さんです。

大物女優2人の共演ということで、10月スタートのドラマの中でもかなり話題となっております。

菅野美穂さんは、4年ぶりにドラマ復帰を果たし、松嶋菜々子さんは、フジテレビ系のドラマ「営業部長 吉良奈津子」から、2期続けての連ドラ出演です。

松嶋菜々子さんと菅野美穂さんの共演について、書いて行きます。

早速ですが、それでは行ってみましょう!

Sponsored Links

菅野美穂と松嶋菜々子が共演する「砂の塔〜知りすぎた隣人」とは?

「砂の塔〜知りすぎた隣人」には原作はなくTBSのオリジナルドラマです。

プロデューサーの高橋正尚さんは3年もの歳月をかけて取材をして作品となっているそうです。

これだけでも興味をそそりますね♪

「砂の塔〜知りすぎた隣人」の脚本は「アリスの棘」、「アルジャーノンに花束を」、「クローンベイビー」、「 黒の女教師 」、「桜蘭高校ホスト部 」等を手掛けた池田奈津子さんで、

TBSテレビが、自社のテレビドラマで活躍するシナリオ作家を募集・育成するために設立した、「2009年のTBS連ドラ・シナリオ大賞」出身であり、TBSが発掘し、育てた脚本家といっても良いのではないでしょうか?

「砂の塔〜知りすぎた隣人」の演出は「結婚式の前日に」、「重版出来!」、「夜行観覧車」、「Nのために」、「マザー・ゲーム~彼女たちの階級」、「リミット」等を手掛けた塚原あゆ子さんで、毎回ドラマのクールの演出をしているそうです。

「砂の塔〜知りすぎた隣人」の主題歌を歌うのは、今年1月8日に15年ぶりの再結成した「THE YELLOW MONKEY」です。

1997年放送のTBSドラマ「職員室」以来、19年ぶりのドラマ主題歌です。

そのタイトルは・・・「砂の塔」!!!

ドラマのために作曲したことがタイトルから分かりますね♪

全てが期待出来そうな感じですね♪

後は、視聴率だけですね。

「砂の塔〜知りすぎた隣人」のあらすじ

 

主人公は、平凡だが家族仲良く暮らしてきた主婦・高野亜紀。煌びやかなタワーマンションに引っ越してきたばかりの高野家には、最新鋭のセキュリティに守られた“憧れの新生活”が待っている…はずだった。あの、恐るべき隣人・弓子(松嶋菜々子)に会うまでは――。

光り輝く塔の裏にひそむ、タワマン主婦たちの激しい虚栄心。“強制ハロウィン”“地獄のランチ”“フロア差別”“ゴミ出しにも正装” 傍目には滑稽にも見えるそんなアクの強い女たちの生態を、弓子は巧みに利用し、思いもよらない方法で亜紀を追い詰めていく…。
果たして、亜紀は大切な家族を守れるのか!? そして、弓子が高野家を狙う真の理由とは――!?

「砂の塔〜知りすぎた隣人」のキャスト

主人公・高野亜紀 (38) ・・・・・菅野美穂
明るく屈託のない笑顔を持ち、家族のために一生懸命な専業主婦。
穏やかな会社員の夫、優しい高校生の長男、照れ屋の幼稚園児の長女という4人家族。
つつましいながらも互いを思いあう家族とともに幸せに暮らしていたが、転居した先のタワーマンションで出会った謎の隣人の存在が、隠されていた家族のホコロビの傷を広げていく…。

生方航平(28)・・・・・岩田剛典(EXILE / 三代目J Soul Brothers)
主人公・亜紀の娘のそらが通う子供教室の体操コーチ。
生徒である子どもにも親にも好かれる、明るくさわやかな好青年。亜紀とは、同じ下町の商店街育ち。
その当時から亜紀を憧れの目で見ていた、いわゆる“初恋の人”。家族やタワマンでの人間関係に苦しむ亜紀にとって大きな支えに…。しかし、彼にも秘めた一面があるようで――

阿相寛子(48) ・・・・・横山めぐみ
タワーマンションの最上階に住むボスママ。夫は会社経営。ブランド物を優雅に着こなし、余裕のあるマダムぶりをアピールしている。そのためかプライドが雲よりも高い。さわやかな生方を気に入っている。

橋口梨乃(45) ・・・・・堀内敬子
ハーバード大学へ留学経験があるという高スペックママ。タワマン主婦の中ではスマートな常識人であるかに見えるが、面倒ごとに巻き込まれないよう振る舞っているだけ。自身へのコンプレックスから、周囲には打ち明けられない秘密を抱えている。

尾野綾香(27) ・・・・・ホラン千秋
女子力高めの若いママ。悪い人間ではないが、依存心が強く流されやすい。
そして「二階に住んでいるから自分は馬鹿にされている」という強迫観念にとらわれている。
そんな劣等感を抑えるため、ある秘密を持っていて…。

高野和樹(15)・・・・・佐野勇斗
亜紀と健一の長男。高校一年生。母である亜紀の手伝いを進んでしたり、歳の離れた妹・そらを可愛がり、面倒を見たりしている。物静かで心優しい反面、なかなか周囲と打ち解けづらい一面も。

橋口成美(15)・・・・・川津明日香
梨乃の長女で和樹のクラスメイト。活発で、転校生して来た和樹の様子を気にかけ、自分から声をかける。

津久井琢己(29)・・・・・上杉柊平
警視庁捜査一課の若手刑事。明るく快活でさわやかな青年だが、事件解決には熱血な姿勢を見せる。
先輩である荒又を尊敬し、支えている。

荒又秀実(54)・・・・・光石研
警視庁捜査一課の名物刑事。タワーマンション周辺で起こる、連続誘拐事件を捜査している。
刑事としての力量は確かだが、妻からの電話であれば、会議中でも迷わず出るほどの愛妻家。

阿相武文(54)・・・・・津田寛治
寛子の夫。イベントの企画・運営している会社の社長。ヤリ手で、精力的に仕事に取り組む敏腕社長だが、寛子には頭が上がらない。その息抜きに、家の外では寛子に内緒で羽を伸ばしている。

高野健一(42)・・・・・田中直樹(ココリコ)
亜紀の夫。中堅食品会社のケータリング事業部に勤務中。
とりたてて能力はないが、妻と子どもたちを愛する誠実な男。家族を安全で清潔な環境に住まわせてやりたい一心で、無理してタワーマンションを購入した。

佐々木弓子(42)・・・・・松嶋菜々子
美しく気高い容姿、隙のない身のこなし。それでいて、ときおり冗談をいって周囲をなごませ、また子どもにも好かれる温かさも持ち合わせた完璧で頭の良い女性。だが、実は裏の顔は巧妙に亜紀を罠に陥れていこうとする恐ろしい女。
果たして、彼女の真の目的とは何なのか。

Sponsored Links

菅野美穂と松嶋菜々子は不仲?

菅野美穂さんと松嶋菜々子さんは、2000年に放送されたドラマ「100年の物語」で共演されています。

「砂の塔〜知りすぎた隣人」出演で、それ以来16年ぶりに共演となりますが、不仲説が挙がっています。

しかし、噂であり、週刊誌やネットにもそんな情報が挙がっていないっていうことは、ドラマの中だけの話であることが考えられます。

本当に仲が悪かったら、普通に考えても今回のドラマで主演することはないでしょうね。

でも不仲説が出るぐらい真剣に演技しているドラマということですね。

また、松島菜々子さんの旦那さんの反町隆史さんは菅野美穂さんの先輩だそうです。

目が離せなそうです!!!

砂の塔の犯人予想

最凶の隣人、松嶋菜々子さん演じる佐々木弓子が一番怪しく見えるが、そうではなく、

岩田剛典さん演じる生方航平(うぶかたこうへい)も怪しく感じるが、それだとひねりがないので、そんなはずではないでしょうね。

ホラン千秋さんが演じる尾野綾香さんではないでしょうか?

Sponsored Links
おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ