輪島功一が有吉反省会で反省する内容と禊は?

2016年9月24日(土)23時30分~23時55分に有吉弘行さんが

MCを務める「有吉反省会」(日本テレビ系)が放送されます。

今回の反省人は馬場典子さんと輪島功一さんの二人になります。

この記事では、輪島功一さんについて、書いて行きたいと思います♪

では早速ですが、行ってみましょう!

Sponsored Links

輪島功一さんプロフィール

本名:輪島 公一

通称:炎の男

生年月日:1943年4月21日(73歳)

出身地:樺太(ソ連領になり、北海道へ移住)

血液型:B型

身長:169.5センチ

体重:75キロ

学歴:北海道士別高等学校中退

職業:元プロボクサー、タレント、団子屋経営者、スポーツジム会長

事務所:(有)ダテ企画

趣味:散歩、クルマ、ゴルフ

24歳でボクシングを始めており、1968年6月15日、プロボクサーとしては極めて遅い25歳でデビューしました。

持ち前の努力と根性で7連続KO勝ちを収めるなど大活躍し、

1969年には全日本ウェルター級(63.503~66.678kg)で新人王となりました。

1969年9月には、日本スーパーウェルター級王座を獲得しています。

1971年10月31日、念願の世界戦初挑戦、

WBA・WBC世界スーパーウェルター級(66.678~69.853kg)王者カルメロ・ボッシ(イタリア)に挑み、

15回判定勝ちを収め、世界王座を獲得しました。

この時に素早いダッキングで相手の視界から消え、

次の瞬間跳ね上がるようにしながらパンチを繰り出す「かえる跳び」を使用しました。

ボクシングを初めて3年で世界チャンピオンになるんですから、

すごい努力と遅咲きの才能が有ったのでしょうね。

世界王座通算6度の防衛に成功しました.

1974年6月4日、7度目の防衛戦でオスカー・ショットガン・アルバラード(アメリカ合衆国)と対戦し、

最終15回KO負けを喫し、王座から陥落しました。

1975年1月21日、アルバラードと再戦し、15回判定勝ちで雪辱し、WBA・WBC王座返り咲きました。

1975年6月7日、初防衛戦で柳済斗と対戦し、7回KO負けを喫しWBA王座から陥落しました。

1976年2月17日、柳と再戦し15回KO勝ちし2度目の世界王座返り咲きました。

1976年5月18日の初防衛戦でホセ・デュラン(スペイン)に14回KO負けを喫し、世界王座から陥落。

1977年6月7日、3度目の世界王座返り咲きを懸け、WBA王者のエディ・ガソに挑むも、11回KO負けました。

この試合を最後に引退し、翌1978年春、後楽園ホールにて引退セレモニーを行いました。

何度もチャンピオンから脱落しても挑戦し続けた輪島功一さんは凄いですね♪

普通は、途中であきらめたくなりそうになりますよね。

現役引退後は、一から修行して、だんご店「だんごの輪島」を開店。

輪島功一スポーツジムを運営し、芸能界でのタレント活動もしており、

多彩な能力を持っていられる方です。

Sponsored Links

輪島功一さんが有吉反省会で反省する内容は?

自身の輪島スポーツジムでのトレーニングコースが紛らわしいことを反省します。

どんな感じで紛らわしいでしょうね。

実は、なぞなぞでトレーニングコースが書いてあったりして。

放送されるのが、楽しみですね♪

ダイエットコースとストレス発散しながらナイスバディ―へ☆を進めるそうです。

コースはなんでもよいらしい。

下ネタオンパレード。

志摩子がおみそれしましたと。

強制的に終了。

輪島功一さんさんの有吉反省会での禊は?

放送を見て更新します。

大江豊を入会させて、1週間で5キロダイエットさせる。

後日放送予定です。

Sponsored Links
おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ