真田丸での真田紐とは?どこで売っている?

本日、真田丸で真田紐が紹介される回が放送されます。

真田昌幸と真田幸村が九度山で幽閉されていた際に、

作って売ったと言われてる「真田紐」とは、

どうゆうものだったのだろうかを調べてみました。

早速ですが、それでは行ってみましょう!

真田丸での真田紐とは?

九度山で真田家の家族や家臣らも一緒に制作・販売して、

得た収入を生活費にしていたと言われています。

それぐらい幽閉された暮らしは、辛かったと思われます。

10月2日に放送される回で真田丸での真田紐については真実が分かるはずです。

一般的な真田紐は、縦糸と横糸を使って、機で織った平たく狭い織物の紐です。

戦国時代には真田家だけでなく、全国各地の武将が軍事物資として生産していたので、真田家だけが作っていたと言う訳ではないようです。

真田丸の真田紐は、借金がかさみ、きりや佐助が村の者に色々教えて小銭稼ぎで繋いでいた時、真田信之に相談したが毎月そばばかり送ってくるのみ、村にそばを売ったが売れなかった。

その際、ネエパラのサナールから真田紐が作られた。

頑丈な紐として、村人に真田紐を作り方を教え、作って売り歩いた。

Sponsored Links

真田紐が売られているところは?

真田紐の織元すみやさんでオンラインショップで売っています。

筆者が上田に観光した際、ゆきむら夢工房でも売っていることを確認しました。

外国人向けにお土産としてプレゼントすると喜ばれると思われます。

Sponsored Links
おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ