新実彰平アナの性格や年収は?出身大学や担当番組が気になる!

2017年4月3日からは、『みんなのニュース 報道ランナー』のメインキャスターです。

すでに結婚もしているそうですよ。

新実彰平アナの性格や年収は?出身中学・高校・大学や担当番組が気になる!で記事を書いています。

早速ですが、それでは行ってみましょう!

Sponsored Links

新実彰平アナのプロフィール

新実彰平

名前:新実 彰平(にいみ しょうへい)

生年月日:1989年4月10日

出身地:京都府京都市

血液型:O型

年齢は2017年3月14日現在、27歳です。

もうすぐ28歳になりますね。

小学生時代に野球を始めました。

中学生時代は軟式野球部に所属。

松井秀喜さんへの憧れから、それまでの右打ちを松井さんと同じ左打ちに変えたそうです。

憧れだけで左打ちに変えるって凄いですよね。

利き腕を変えようと思うのと同じですからね。

普通は試しにやってみてだめだから戻そうと思うんですけどね。

私も利き腕の右腕を骨折したときに、左でいろいろやろうとしましたが、

結局だめでした。

高校2年生の時に、守備位置を外野手から捕手にコンバートしました。

これも凄い変更ですね。

それをこなせちゃう新見アナはやはり凄いですね。

大学時代の2011年には、関西学生野球の春季リーグ戦において、首位打者とベストナイン(捕手)を獲得しています。

京都大学の選手としては、19年振り・歴代3人目の受賞であったそうです。

4年生の時には、当時1年生の田中英祐さん(2015年から千葉ロッテマリーンズ投手)とバッテリーを組んでいました。

プロになる人とも一緒にバッテリを組んでいたんですね。

2012年4月1日付で、アナウンサーとして関西テレビに入社しました。

出身地および名前が関西テレビOBの桑原征平さん(現在はフリーアナウンサー)と同じだったことで、

「二代目ショーヘイ」として体当たり取材に挑戦して行きました。

それも伴ってからはわかりませんが、

2014年には、第30回FNSアナウンス大賞新人部門でアナウンス賞(最優秀賞)を受賞しました。

『ゆうがたLIVE ワンダー』内の生中継リポートで、第32回FNSアナウンス大賞(最優秀賞)を受賞しました。

受賞時点での年齢は26歳で、史上最年少であったそうです。

ざまざまな大賞を受賞しているので、アナウンス技術もセンスがあるんでしょうね。

2014年9月18日に、野球部時代のマネジャーだった1年後輩の女性との結婚しています。

Sponsored Links

新実彰平アナの性格は?

性格は、友達から根暗といわれていたそうですよ。

でも野球をやっていて根暗ってことはないのではないでしょうかね?

新実アナの性格をキャラナビで調べてみました。

あせらず確実に実カを蓄積。待ちの姿勢で成功する大物の器

いつも控えめで温かい雰囲気をもっているので、誰からも好かれます。

相手の気持ちを気にしすぎて心は常に疲れがちですが、

優れた直感力や洞察力で相手を見ることは忘れません。

理屈っぽい人生観をもたずに経験を尊重する現実派で、

よくも悪くも執着心のなさが特徴。

権力に逆らわず、過去にこだわらず、淡々と前向きに進んでいきます。

野心がないとも言えますが、吸収力はあるので、

ねばり強く実力を蓄えれば年齢を重ねるほどに成長し、やがては影の実力者に。

性格判断どおりではなく、影の実力者ではなく表での実力者となっていただきたいですね♪

新実彰平アナの出身大学は?

学校

洛星中学校・高等学校から京都大学法学部へ入学し卒業しています。

洛星中学校・高等学校は、中高一貫の男子校で、

偏差値72というトップクラスの偏差値の学校です。

大学も京都大学法学部で偏差値75ととてつもない偏差値です。

そんな中で野球をやって勉強もできるなって、

本当に文武両道ですね。

新実彰平アナの年収は?

年収

アナウンサーの平均の年収は、800万円と言われています。

まだ新実アナは27歳ということで、カンテレということで800万円まで、

いっているかは微妙な線ですよね。

推測になりますが、700万円~800万円ではないでしょうか?

新実彰平アナの担当番組は?

・カンテレNEWS(『ユアタイム』木曜深夜ローカル枠を担当)

・みんなのニュース ワンダー
「おばぁちゃんとお買いもの」(月 – 金曜に放送のVTRロケコーナー)のリポーターおよび、木・金曜のフィールドキャスターを担当。

・Enjoy! Baseball(阪神タイガース戦中継の実況・リポーター)

・J SPORTS STADIUM(J SPORTS)

・オリックス・バファローズ主催試合の時実況を担当。

・大阪国際女子マラソン バイクリポートを担当。

・春の高校バレー

・この瞬間(とき)に祈る

Sponsored Links
おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ