金森真紀医師の病院の場所はどこ?年齢や出身大学や経歴が気になる!

NHKで毎週水曜午後10:25~に放送中の

「総合診療医ドクターG」の「吐き気が続いている」で

金森真紀医師が出演します。

金森真紀医師は、神戸市立医療センター中央市民病院の

総合診療科で勤務しています。

金森真紀医師のプロフィール、年齢、出身大学、経歴、病院の場所

を調査しています。

早速ですが、それでは行ってみましょう!


Sponsored Links


金森真紀医師のプロフィール

金森真紀

引用元:おとまるくんWEB版 : 2013 : 2月

名前:金森 真紀(かなもり まき)

専門領域:内科学・総合診療

勤務病院:神戸市立医療センター中央市民病院 総合診療科

総合診療科って余り聞いたこと無いですよね。

調べてみました。

総合診療科(そうごうしんりょうか)とは、医療における診療科のひとつで、

あまりにも専門化・細分化しすぎた現代医療の中で、全人的に人間を捉え、

特定の臓器・疾患に限定せず多角的に診療を行う部門。

また、外来初診の「症状」のみの患者に迅速かつ適切に「診断」を

つける科でもある。 医療機関・大学によっては総合診療部ともいう。

引用元:wikipedia

まずは、総合的にどこか悪いかを見てもらえる科なんですね。

内科でも専門によっては、まったく違いますからね。

神経内科や心療内科等がありますよね。

迷ったらまずは総合診療科ですね♪

実は、2013年4月19日放送のドクターGにも

金森真紀医師は、出演していて、以下のことを話しています。

「積み重ねていくことが、おそらく、かけがえのない財産に」

今回カンファレンスをやっている中で何度か、

ちょっと意識的にね、実際にこういう患者さんを診たことがありますかっていうのを

聞いていたんですけど、患者さんから学ばせてもらっている事を

積み重ねている年数の違いがおそらく私と研修医の

皆さんの違いだと思うんですよね。

そういう意味では、病気だけじゃなくて、それ以外の事も含めて、

その患者さんのお顔だったり、周りのいろんな物と一緒に

ずっとずっと記憶に残っていって、それを積み重ねていくことが、

おそらく、かけがえのない財産になって、

今後も今後も残っていくと思うんですね。

なので、今からその道は目の前に広がっていると思うので。

一つ一つの患者さんを丁寧に丁寧に診てもらえたらなと思います。

金森真紀医師は、患者さん第一に考えてくれれている

お医者さんだと思いました。

こんなお医者さんに見てもらいたいですね。

テレビ等に出演し、有名ですからなかなか診断してもらえないですよね。

本当に金森真紀医師必要としている人がいるので、

その人たちのためにこのような思いで続けてほしいですね♪

今回もすばらしいコメントが出てくるかもしれませんね。


Sponsored Links


金森真紀医師の経歴は?

経歴

医学部卒業後、国立病院機構医療センターで初期臨床研修を実施。

平成18年に洛和会音羽病院 総合診療科で後期研修を実施。

平成25年に洛和会音羽病院 総合診療科の医長になりました。

平成27年8月に神戸市立医療センター中央市民病院 総合診療科の副医長になっています。

金森真紀医師の出身大学は?

大学

平成16年に大分大学医学部卒業しています。

実は、文学部を出てから、医学部へ入り直しているそうです。

大変な努力をして医学部へ入ったんだろうと思われます。

何かきっかけがあって医師になろうとして、

医学部へ入学したんでしょうね。

金森真紀医師の年齢は?

平成16年に大分大学医学部卒業したと考えると・・・

かつ、医学部なので博士課程まで卒業していると思われるので、

大学卒業時点で30歳ではないでしょうか?

そのままストレートで大学を卒業したという前提で言えば、

44か45歳ではないかと推測できます。

金森真紀医師の病院の場所は?

病院

金森真紀医師が勤務している病院は、神戸市立医療センター中央市民病院です。

総合診療科の担当です。

病院は、神戸港南の人工島ポートアイランドあります。

住所:神戸市中央区港島南町2丁目1-1

神戸市中央区港島南町2丁目1-1

電話番号:078-302-4321

アクセス:三宮でポートライナーに乗り継ぎ、医療センター駅で下車。

駅から100mぐらい歩くと病院です。

ポートライナー三宮駅券売機横に「再診受付機」を設置しているそうなので、

便利ですね。

Sponsored Links

おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ