春風亭一之輔の妻や子供は?本名やネタが気になる!

NHKのプロフェッショナル 仕事の流儀で

噺家(はなしか)の春風亭一之輔さんが紹介されます。

喫茶店やカラオケ店でヒミツの稽古をしているそうです。

変わったやり方での稽古ですね。

口癖は「やりたくない」「帰りたい」で、

素顔は意外にも無愛想でへそ曲がりなんだそうです。

テレビで素の顔が見れそうですね。

春風亭一之輔のプロフィール(経歴)、出身、家族(嫁、子供(息子、娘))、

本名、ネタを調査しています。

早速ですが、それで行ってみましょう!

Sponsored Links

春風亭一之輔さんのプロフィール(経歴)

春風亭一之輔

引用元:http://www.ichinosuke-en.com/

名前:春風亭一之輔(しゅんぷうてい いちのすけ)

生年月日:1978年1月28日

出身地:千葉県野田市出身

師匠:春風亭一朝

引用元:wikipedia

年齢は、2017年4月9日現在、39歳です。

高校は、埼玉県立春日部高等学校で1996年3月に卒業しています。

同期に三遊亭楽生さんがいます。

落語家になる人が同級生にいるとは・・・凄いめぐり合わせですね。

高校時代に土曜日の放課後、浅草演芸ホールに通い詰めていました。

本当に落語が好きだったんですね。

大学は、 日本大学芸術学部放送学科で2001年3月に卒業しています。

もちろんながら落語研究会に所属していました。

同研究会の出身者は以下となっています。

高田文夫さん、古今亭右朝さん、森田芳光さん、立川志らくらさん、柳家わさびさんです。

落語研究会に入るってことは将来、落語をする人が多いですね。

2001年 5月に春風亭一朝に入門しました。

2001年7月に前座となり「朝左久」と名乗ります。

2004年 11月に二ツ目昇進し、「一之輔」と改名しました。

2010年10月にNHK新人演芸大賞を「初天神」で受賞。

2010年12月に文化庁芸能祭新人賞を「茶の湯」で受賞。

2つ新人賞を同年度に受賞したのは、春風亭一之輔さんが初めての快挙でした。

その頃から素質があったことが判りますね♪

2012年3月に真打昇進しました。

真打昇進は「21人抜きの抜擢」で話題になりました。

2012年4月 に平成23年度国立演芸場花形演芸大賞を受賞しています。

2013年4月 に 平成24年度国立演芸場花形演芸大賞を受賞しています。

2015年11月 に 第32回浅草芸能大賞新人賞を受賞しています。。

2016年3月に平成27年度彩の国落語大賞受賞しています。

現在は、寄席を中心としながら、ラジオ・TV番組に多数出演しています。

落語協会の重鎮の柳家小三治会長に「久しぶりに見た本物」といわれたそうです。

落語会からも重要な人物になっているってことですね。

今後は、春風亭一門を背負っていくのではないでしょうか?

Sponsored Links

春風亭一之輔さんの本名は?

本名は、川上隼一(かわかみとしかず)さんです。

公式のHPに書いてありました。

落語家は本名は隠すようなことは、しないんですかね?

人によるんでしょうか。

春風亭一之輔さんの妻や子供は?

家族,妻,子供

今現在は、奥様と2人の男の子・1人の女の子との5人家族で、

東京都豊島区に暮らしています。

奥様は、一般の方で、学生時代から知っていた方であって、

交際期間が長く結婚したそうです。

誠実で真面目な方ですね。

落語とかやっている人は女にだらしが無い人が多いような気がします。

私の思い違いかもしれませんが・・・。

春風亭一之輔さんのネタは?

春風亭一之輔さんは、スピード感のある語り口 と

多彩なキャラの使い分けがうまいといわれています。

得意なネタは、以下となっています。

・不動坊

主人公に急に縁談がまとまる話です。

・茶の湯

知ったかぶりの曖昧な知識でお茶を始めたご隠居さんと小僧が、

周りの人間も巻き込んで起こす騒動の話です。

・鈴ヶ森

追い剥ぎの親分が情けない手下を鍛えるために指導しながら追い剥ぎをさせる話です。

・初天神

毎年1月25日に天満宮で行なわれる年の初めの祭りに出かけた、父親と息子の絆の話です。

Sponsored Links
おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ