久保俊治(猟師)の娘と妻や猟犬フチを調査!牧場や年収が気になる!

NHKのプロフェッショナル 仕事の流儀で

猟師の久保俊治さんが紹介されます。

伝説と呼ばれており、

鹿やヒグマを1対1で狩ることにこだわりをもっております。

過去には情熱大陸にも出演されております。

久保俊治のプロフィール(経歴)、家族(娘・妻)、

猟犬フチ、牧場、年収を調査しています。

早速ですが、それで行ってみましょう!


Sponsored Links


久保俊治さんのプロフィール

名前は、久保 俊治(くぼ としはる)さんです。

1947年生まれの2017年4月16日現在、70歳か71歳になります。

北海道の小樽市出身です。

休日に父親の趣味だった狩猟について行くうちに、

自分自身も狩猟に興味を持つようになりました。

小樽商科大学に進学し、1967年の

20歳の時に狩猟許可証を取得した際に、

今後、猟師として生きていくことを決意します。

1967年は、高度成長期の時代で、

大学友人たちはサラリーマンとして就職する状況で、

仕事を猟師とするのは、異色だったではないでしょうか?

ヒグマを求め知床半島に移住します。

1975年にアメリカの狩猟ガイド養成学校

「アウトフィッターズ・アンド・ガイズ・スクール」に

東洋人として初めて入学します。

アメリカには、狩猟するための学校はあったんですね。

日本には無かったんですかね?

帰国後、北海道の標津町で牧場を経営しながら

猟を続けています。

久保俊治さんの家族(娘・妻)は?

妻はヒロミさんといいます。

2006年に他界しております。

子供は娘が2人居まして、長女が深雪(みゆき)さん、

次女が渓子(けいこ)といいます。

長女の深雪さんは、北海道放送が制作し、1986年から放映された

ドキュメンタリー番組『大草原の少女みゆきちゃん』の主人公なんです。

この番組は、1986年度の文化庁 芸術作品賞等の各賞を受賞しております。

次女の渓子さんは、シカ撃ちはプロ級とのことです。

2人とも実家から巣立っており、

久保俊治さんは、一人で暮らしているそうです。


Sponsored Links


久保俊治さんの猟犬フチは?

フチ

久保俊治さんの猟犬は、アイヌ犬のフチです。

小さいころから猟犬として育てていて、

ヒグマ猟になくてはならない相棒になります。

ヒグマをみつけると久保俊治さんが駆けつけるまで足止めさせ、

ヒグマを捕ます。

フチが病気になり、他界しています。

久保俊治さんの牧場は?

北海道の標津町で牧場で経営しています。

北海道標津町

 

久保俊治さんの年収は?

年収

猟での給料は平均月収10万円だそうです。

牧場経営の年収は、一般的に2000万円と言われています。

久保俊治さんは、本を出版されていますが、

本ではあまり稼げていないようです。

推測になりますが、年収2000万円ぐらいではないでしょうか?

Sponsored Links

おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ