石井潤治は紙飛行機王決定戦で優勝?大学と経歴や山陽鉄工社長!

NHKの超絶 凄(すご)ワザ!の「紙飛行機王決定戦」

で石井潤治さんが出場します。

名古屋国際会議場で開催されたそうです。

石井潤治さんのプロフィール、大学、経歴、山陽鉄工社長、

紙飛行機王決定戦で優勝?を調査しました。

早速ですが、それでは行ってみましょう!

Sponsored Links

石井潤治さんとは?

石井潤治

引用元:http://www.mitutoyo.co.jp/new/report/no244/user/

名前は、石井潤治さんです。

1976年(昭和51)に日本大学(航空工学を専攻)を卒業してます。

大学の卒業研究では、石井潤治さんが設計・製作した

ペダル式人力飛行機「ストーク(こうのとり)号」を完成させました。

飛行距離2,093.9メートルという、当時の世界新記録を更新しています。

この時から飛行機作成の素質があったということですね。

父親の石井澄夫さんが経営する山陽鉄工株式会社に入社しました。

新事業として飛行機事業を進めていきました。

まずは、超軽量動力機(ウルトラライトプレーン)の販売認可を取得。

1987年(昭和62)に100%独力で開発した

単座形スポーツ航空機「パフィン」を開発しました。

1992年(平成4)に複座形スポーツ航空機「レモン」を開発しました。

現在は、事業的に難しいとの判断をしたため、

新作機の開発はストップしているそうです。

1994年(平成6)に石井潤治さんが社長に就任しています。

Sponsored Links

NHKの超絶 凄(すご)ワザ!紙飛行機王決定戦の番組内容

紙飛行機

新年度第一弾は「紙飛行機王決定戦」。

実は、日本は世界大会でグランプリを何度も獲得する紙飛行機大国だ。

そこで、全国の研究者やマニアを集めてナンバー1を決める。

挑むのは究極の曲芸飛行。直進、旋回、宙返りを組み合わせ、

狙い通り複数の的を射ぬいてもらう。

マニアに嫉妬する大学教授、脱サラして紙飛行機デザイナーの夢を追う男…

人間ドラマが交錯する。

最後は予選を勝ち抜いたスゴ腕が決勝で激突!

果たして勝つのは誰だ?

引用元:http://www4.nhk.or.jp/sugowaza/

紙飛行機のナンバー1を決めるテレビ番組です。

今回は、曲芸飛行しつつ、的を射抜くという

凄く難しいことにチャレンジするそうです。

開催場所は、名古屋国際会議場で行なわれたそうです。

遠くに飛ばすことも難しいというのに、

それを曲芸みたいに飛ぶ紙飛行機なんって見たこと無いですね♪

子供の頃によく折り紙で紙飛行を作っていましたけど。

アクロバット飛行機の作り方の動画をみつけました。

簡単にできるようなので、作ってはいかがでしょうか?

紙飛行機の本もあります。

 

NHKの超絶 凄(すご)ワザ!紙飛行機王決定戦の優勝者は?

NHKの超絶 凄(すご)ワザ!紙飛行機王決定戦の優勝者は、

石井潤治さんでした。

お楽しみに!

Sponsored Links
おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ