こんにゃくパーク(群馬)の料金や駐車場は?お土産や混雑状況は?

GWも終わり、仕事が始まりましたが、だるさが残りますね。

群馬県甘楽郡甘楽町にあるこんにゃくパークに

行った人もいるのではないでしょうか?

踊る!さんま御殿!!でこんにゃくパークの話をするそうです。

こんにゃくパーク(群馬)の料金、駐車場、お土産、混雑状況で

調査しています。

早速ですが、それでは行ってみましょう!

Sponsored Links

こんにゃくパークとは?

こんにゃく

株式会社ヨコオデイリーフーズがこんにゃくを広めたい

ということで作った施設となります。

こんにゃく・白滝工場ゾーン、ゼリー工場ゾーン、バイキング・おみやげゾーンの

3つのゾーンに分かれています。

一番の魅力は、無料でのバイキングです。

手作りこんにゃくゼリー体験等もできます。

外には無料で入れる足湯もあります。

営業時間:9:00~18:00(最終受付は、17:00まで)

住所:群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1

群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1

 

アクセスは、基本車となりますが、

上信越自動車道富岡インターを降りてから約10分ぐらいの

ところにあります。

こんにゃくパークの料金は?

こんにゃくパークに入るために入場料はありません。

なので、こんにゃくパークの料金は、工場見学やバイキング、足湯は無料です。

手作りこんにゃくゼリー体験やお土産はお金がかかります。

体験は以下の4つのコースに分かれています。

注意事項として、体験は前日までの完全予約制です。

当日に行って、当日予約の受付はしてくれませんので、

お気をつけてください!

Aコース:手作りこんにゃくゼリーフルーツ体験コース

大人(中学生以上):800円

子供(小学生以上):400円

開始時間:9:30/10:30/11:30/13:30/14:30/15:30/16:30

Bコース:こんにゃくカラーマジック体験コース

大人(中学生以上):500円

子供(小学生以上):250円

開始時間:9:30/10:30/11:30/13:30/14:30/15:30/16:30

Cコース:てづくりこんにゃく体験コース

大人(中学生以上):1000円

子供(小学生以上):500円

開始時間:9:30/10:30/11:30/13:30/14:30/15:30

Dコース:マンナンポップコーン作り体験コース

大人(中学生以上):1000円

子供(小学生以上):500円

開始時間:9:30/10:30/11:30/13:30/14:30/15:30

Sponsored Links

こんにゃくパークの駐車場は?

駐車場料金も無料となっており、100台まで駐車可能です。

駐車場も広いので混雑していても多少待てば停められるレベル

と思います。

こんにゃくパークの混雑状況は?

こんにゃくパークのバイキングの待ち時間は、

長くても1時間ぐらいと想定されます。

通常の土日ならばピークで30分ぐらいの待ち時間です。

私が行った時は、普通の土日で、

11時ごろでしたが15分ぐらい待ちました。

こんにゃくパークのお土産は?

おすすめは、人へのお土産ではありませんが、

ビニール袋への「こんにゃくのつめ放題」が500円(税別)でできます。

人気なのは、「こんにゃくらーめん 醤油味」です。

こんにゃくらーめん 醤油味

引用元:http://www.konnyaku-museum-shop.com/SHOP/museum-67.html

一番の売りが、ラーメンなのにカロリーが低いってことですね。

一食あたり73kcalです。

テレビ番組等でも紹介され、人気になったそうです。

バイキングでも食べることができるので、試食をしてから

買うのもいかがでしょうか?

Sponsored Links
おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ