挟土秀平(左官職人)の年収や息子と妻は?個展や崇教真光とは?

日本テレビで放送される「アナザースカイ」で、

「凄腕の左官職人・挾土秀平が代表作を生んだ想い出の地アリゾナへ。」

のテーマで、左官技能士である挾土秀平(はさどしゅうへい)さんが出演します。

「真田丸」のタイトルの題字を書いた人なんです。

挟土秀平のプロフィール、年収、子供と嫁、個展、作品の崇教真光で

調査しております。

早速ですが、それでは行ってみましょう!


Sponsored Links


挾土秀平さんのプロフィール

名前:挾土 秀平(はさどしゅうへい)

生年月日:1962年年7月1日

出身地:岐阜県高山市

職業:左官技能士

引用元:wikipedia

挾土(はさど)さんって珍しい苗字ですよね。

はさどっていう苗字の人は、全国に80人ぐらいだそうです。

1億以上居て、80人ぐらいなのですごく少ないですよね!

出身地の岐阜県に一番、はさどさんが多い苗字だそうです。

年齢は、2017年5月12日現在で、54歳です。

今年度中に55歳になることは確かです!

出身高校は岐阜県立高山工業高校です。

部活はハンドボール部で、悪がそろう部活だったそうです。

大学には行っていないようです。

熊本県の建設業者の上内工業株式会社で左官職人の修業しました。

1983(昭和58)年21歳の時に、第21回 技能五輪全国大会・左官の部で優勝しました。

左官業に就いて2年1か月での優勝は異例だったそうです。

通常は中学生卒業してから左官職人として働くのが一般的なんでしょうね。

その後、愛知県名古屋市の左官屋で修業しました。

1987(昭和62)年25歳の時に、挟土組の跡取りとして入社しました。

最初から父親の会社で働くってことは思ってなかったんですかね?

2001(平成13)年39歳の時に 「職人社 秀平組(有限会社)」を設立しました。

挟土秀平さんの年収は?

左官職人の平均年収は300万円から400万円と言われています。

挟土秀平さんは会社も設立していますし、

多数の作品を作り上げている人ですし、

本も出版していますので、

推測になりますが・・・1000万円ぐらい

貰っているのではないでしょうか?


Sponsored Links


挟土秀平さんの息子と妻は?

息子さんと奥さんは、一般の方なので、

情報が少ししかありません・・・

挾土秀平さんが48歳の時に受けたインタビューで

当時高校生の息子さんがいることを語っていました。

現在は息子さんは成人していることになりますね。

将来は、左官職人になりたいと言っていたそうですが、

現在は、左官職人になっているのでしょうか?

奥さんの情報は、現在調査中です。

ネットでは、結婚していないのでは・・・

との情報もあり、慎重に調査しています。

挟土秀平さんの個展は?

挟土秀平さんの個展は、現在開催中のものはありませんでしたが、

過去には以下の個展を開催しています。

・Hands Inspired by Nature

開催期間:2013年11月12日~23日

開催場所:NY Rogue Space Chelsea Gallery

・挾土秀平展 青と琥珀出版記念

開催期間:2012年3月13日~25日

開催場所:兜屋画廊

・彩影

開催期間:2010年9月15日~9月21日

開催場所:西武百貨店

・土と水陽展

開催期間:2010年6月3日~6月13日

開催場所:Bunkamura Gallery

・泥の心象

開催期間:2010年1月19日~1月31日

開催場所:兜屋画廊

・土と水陽展

開催期間:2009年12月1日~12月27日)

開催場所:@btf

挟土秀平さんの作品の崇教真光とは?

「崇教真光(すうきょうまひかり)」とは、宗教団体のことです。

岐阜県高山市にある岡田光央さんが教祖の宗教です。

「崇教真光」の建物の左官工事を挾土秀平さんが手がけました。

「崇教真光」から近くにある「光ミュージアム」の

左官工事を挾土秀平さんが手がけています。

やはり地元が好きなんでしょうね!

その時の工費が400億円だったそうです。

Sponsored Links


おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ