オルダ水中洞窟の場所や生物は?女性カメラマンや事故も!

NHKスペシャルで

「巨大水中洞窟を潜る 絶景 オルダ“水の宇宙”」

が放送されます。

ロシアにあるオルダ水中洞窟の特集です。

オルダ水中洞窟の場所、生物、撮影した女性カメラマン、

ケープダイビング事故について調査しました。

早速ですが、それでは行ってみましょう!


Sponsored Links


オルダ水中洞窟とは?

洞窟

世界最長の4.8キロメートルもあり水中石膏洞窟といわれています。

人類が誕生する前から数百万年を経て形成された洞窟で、

深さは200mもあるそうです。

「オルダ・ケーブ」や「水晶の洞窟」とも言われます。

なお、世界自然遺産にも登録されています。

洞窟を形成しているのは、クリスタルなんです。

透明度の高い水が洞窟の壁を際立たせるため、

オルダ洞窟は、一般的にはダイビングできるスポットでは

ないですが、神秘的な絶景ダイビングができるそうです。

ケープダイビング事故は?

オルダ水中洞窟は、迷路のようになっている為に

迷いやすくなっており、今でも事故での遭難者が多数出ています。

オルダ水中洞窟内では、ドクロマーク、注意書きや警告文、

進入禁止の看板がたくさんあるそうです。

それだけ危険ってことでしょうね。

実際、オルダ水中洞窟で300人以上が他界しているそうです。


Sponsored Links


オルダ水中洞窟の場所は?

オルダ洞窟はロシアのウラル地方のオルダ村にあります。

ロシアの首都モスクワから東へ1200キロ離れたところにあります。

内陸にあり、ウラル山脈のふもとにあります。

ロシアペルミオルダ

 

オルダ水中洞窟に生物はいるの?

オルダ水中洞窟には、生物はいないと言われています。

光が届かないため植物が育つ環境ではありません。

植物を食べる動物も同じ理由で生きることができません。

気温も寒く、マイナス40度まで下がることもあり、

水温は5度です。

厳しい環境であることは変わりありませんね。

感覚的には、外気温が低く、とても寒く感じがするそうです。

人が生きるような環境ではないように見えますね。

オルダ水中洞窟を撮影した女性カメラマンは?

NHKスペシャルでは、女性カメラマンではなく、

男性の高野克彦チーフ・カメラマンが撮影したそうです。

女性カメラマンというのは、2017年4月30日の朝のニュースで同じく

オルダ水中洞窟を撮影した小出悠希乃さんとのことです。

同時期に撮影したんですかね?

それとも一緒に同行して取っているのではないでしょうか?

さすがに危険ですかね~。

Sponsored Links

おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ