早乙女哲哉(天ぷら職人)のお店の場所や値段は?出身や妻や子供は?

NHKスペシャルで「和食 ふたりの神様 最後の約束」

が放送されます。

天ぷら職人の早乙女哲哉(そうとめてつや)さんが出演します。

早乙女哲哉さんは結婚されており、

職人ですが、タバコを吸っているそうです。

早乙女哲哉(天ぷら職人)のプロフィール、お店の場所、値段、

出身、妻(嫁)、子供(息子)を調査しました。

早速ですが、それでは行ってみましょう!

Sponsored Links

早乙女哲哉(天ぷら職人)のプロフィール

名前:早乙女 哲哉(そうとめ てつや)

生年月日:1946年6月4日

職業:天ぷら職人

名前は、早乙女を「さおとめ」と呼ばず、

「そうとめ」と呼ぶんですね。

「さおとめ」と読んでいました。

調べるまで知りませんでした。

早乙女(さおとめ、さうとめ、そうとめ、そおとめ)さんは、

全国で7000名ぐらいいるそうです。

年齢は、2017年5月14日現在、70歳です。

中学校を卒業後、15歳で天ぷら職人として修行を始めました。

高校に行かなかった理由は、

父親に「これ以上学校で学ぶことは何一つない」と言われたそうです。

上野広小路の「天庄」に弟子入りし、

1976年に日本橋の茅場町で「みかわ是山居」を開店しています。

エビは芯だけをレアに仕上げ、甘みを極限まで引き出し、

アナゴは揚げたてを割ると香ばしい湯気が立ちのぼり、

ギリギリまで素材に眠る風味を引き出す名人芸を持っております。

すしの神様と呼ばれるすし職人の小野二郎さんは、

「みかわ是山居の天ぷらはまったく別物。他には絶対行けない」

と舌を巻くほどです。

開店前は厨房を抜け出して、

草むしりや生け花をしているそうです。

理由は、「天ぷらを揚げるのが一番嫌いで一番好きだそうです。

全力で揚げなきゃいけないから」とのことです。

矛盾しているけど、料理に対して全身全霊でやっていることが分かりますね♪

「俺は130才まで揚げ場に立ち続ける」と話しており、

「天ぷらを究めるためには、まだまだ時間が足りない」とも言っています。

残りの人生を天ぷらにかけており、日々、天ぷらを揚げているそうです。

関連記事として以下があります。

小野二郎(寿司職人)のお店の予約や値段は?現在や息子と弟子は?

早乙女哲哉(天ぷら職人)の出身は?

出身地は、栃木県藤岡町です。

Sponsored Links

早乙女哲哉(天ぷら職人)のお店の場所や値段は?

店名:みかわ是山居(ぜざんきょ)

住所:東京都江東区福住1-3-1

東京都江東区福住1-3-1

 

東西線・大江戸線の門前仲町駅から歩いて8分程度の場所にあります。

電話番号:03-3643-8383

営業時間:11:30~13:30、17:00~21:30

(予約が必須です)

定休日:水曜日

食べログの得点は、4.3という高得点です。

なかなか4点台を見ることはないですよね♪

平均予算は、15,000円~20,000円とのことです。

メニューは以下のものがあります。

・おまかせ 18,360円

・昼食 11,340円

・おまかせ天ぷらのみ 17,280円

良いお値段ですが、一度は食べてみたいですね!

プロフェッショナル 仕事の流儀がDVDがあります。

早乙女哲哉(天ぷら職人)の妻や子供は?

早乙女哲哉さんは、結婚をしています。

妻と息子さんの3人家族のようです。

妻と息子さんは一般人なので、情報があまりません。

現在、調査中です。

早乙女哲哉さんは、本も出版しております。

【中古】天ぷら「みかわ」名人の仕事 (江戸前を極める)

Sponsored Links
おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ