メアリと魔女の花は魔女の宅急便のパクリ?ラストの予想とネタバレ

「メアリと魔女の花」が2017年7月8日(土)に

全国で公開されます。。

「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」の

米林宏昌監督の最新作です。

メアリと魔女の花のあらすじ、原作、

魔女の宅急便のパクリ、ラストの予想とネタバレを

調査しています。

早速ですが、それではいってみましょう!

Sponsored Links

メアリと魔女の花のあらすじ

公式サイトでは下記のようにあらすじが書いてあります。

『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)で同年邦画興収第1位、

『思い出のマーニー』(2014年)で第88回米アカデミー賞長編

アニメーション映画部門にノミネートされるなど、

国内外で高い評価を得る監督・米林宏昌。 スタジオジブリ退社後の

第一作目として、満を持して発表する長編アニメーション映画が

『メアリと魔女の花』です。

「アリエッティ」で運命に翻弄されながらも、

新たな地へと出立する少女を描き、「マーニー」で孤独と向き合いつつ、

次の一歩を踏み出すヒロインを描いた米林監督。 新たな米林ヒロインは、

赤毛にそばかすの少女「メアリ」です。

明朗で快活、天真爛漫。 だけど、不器用で失敗ばかりのメアリが、

禁断の魔女の花《夜間飛行》との出会いをきっかけに大冒険へと巻き込まれていきます。

一夜限りの魔女の力を手に入れたメアリに、一体どんな物語が待ち受けるのでしょうか。

米林監督、西村義明プロデューサーを中心に、

歴代のスタジオジブリ作品で活躍した才能たちが集結した

新生スタジオポノック第一回長編作品として、早くも国内外から注目を集めている本作。

米林監督が得意とする精緻で美しい背景美術と、

圧倒的なアニメーションを用いて、まさに静と動が融合した、

まったく新しい魔女映画の誕生に、この夏、ぜひご期待ください!

引用元:http://www.maryflower.jp/about/introduction.html

七年に一度しか咲かない花の夜間飛行、

魔女の花の正体、魔法大学など気になる要素が満載ですね。

メアリと魔女の花の原作は?

M.スチュワート作の児童文学「The Little Broomstick」が原作です。

日本語だと、「小さな魔法のほうき」という本になります。

Sponsored Links

メアリと魔女の花は魔女の宅急便のパクリ?

ネット上では「ジブリのパクリ?」、

「魔女の宅急便のパクリ?」という噂があります。

しかし、パクリではありません。

「メアリと魔女の花」がジブリに似ている理由は、

ジブリの社員だった人達が制作しているのですからなんです。

「メアリと魔女の花」の制作した会社はスタジオポノックです。

スタジオポノックはジブリ作品「思い出のマーニー」の作品に

携わった米林宏昌監督と西村義明プロデューサーによって作られた会社です。

第一作目の長編アニメーションが「メアリと魔女の花」です。

今回の「メアリと魔女の花」の制作には

ジブリ出身のスタッフが多く参加しているそうです。

なのでジブリっぽくなるのは、当然と言えば当然ですね。

魔女の宅急便に似ているところを挙げると、

小さな女の子がヒロイン、二人とも魔法を使う、

黒猫がいるってとこですね。

魔女の宅急便の違いは、

キキは最初から魔女、メアリは突然、魔女。

メアリの魔法は最後に消える。

キキはトンボに助けるけど、メアリはピーターを助ける

似てると言えば似てますけどね。

監督が以下のようにインタビューに答えています。

『魔女の宅急便』は僕らの子ども時代の記憶。自分たちの子どもたちに向けて、

21世紀の『魔女の宅急便』を作りましょうよ!

全く新しい魔女を作りましょうよ!

引用元:http://eiga.com/news/20161215/21/

結論としては、新しい魔女の宅急便ってことですね。

メアリと魔女の花は魔女のラストの予想とネタバレ

魔法学校に行ったメアリは、一緒に連れて行った黒猫の

ティブを動物実験の道具として奪われます。

しかし、メアリは魔法を解く呪文を手に入れて、

ティブを連れ出すことに成功します。

ティブと一緒に逃げるメアリですが、

ピーターという男の子に出会い、

ピーターも自分の飼い猫を探しています。

無事にピーターの猫も見つけてみんなで逃げ出しますが、

教授と校長はどこまでも2人を追いかけてきます。

捕まってしまう!そう思ったその時、

メアリが助けてあげた動物たちがメアリを助けにきてくれたのです。

こうして無事にメアリとピーター、

2匹の猫は元の世界にもどることができましたって感じです。

Sponsored Links
おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ