地下水でチョウザメを養殖しキャビアを販売してる建設会社と場所は?

NHKの所さん!大変ですよの

「地下鉄で謎の事故!?原因はまさかの…」で

地下水でチョウザメを養殖しキャビアを販売してる建設会社が

紹介されます。

建設会社の名前と養殖場所を調査しました。

早速ですが、それではいってみましょう!

Sponsored Links

地下水でチョウザメを養殖しキャビアを販売してる建設会社は?

地下水でチョウザメを養殖しキャビアを販売してる建設会社は、

茨城県下妻市にある株式会社トキタです。

住所:茨城県下妻市鯨1406番地1

茨城県下妻市鯨1406番地1

 

地下水でチョウザメを養殖しキャビアを販売して年商1億円を

目指しているそうです。

養殖している場所は?

茨城県の河内町にある旧長竿小(2012年3月閉校)で

チョウザメ養殖をしています。

住所:茨城県稲敷郡河内町長竿221

茨城県稲敷郡河内町長竿221

 

地下水は、チョウザメの産地、カスピ海の塩分濃度とほぼ一緒との分析結果が出たので、

品質の高いチョウザメが提供できると思ったそうです。

まずは、食肉用として飲食店への販売していき、

数年後にチョウザメの卵、キャビアを売り出そうとしているそうです。

Sponsored Links
おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ