古屋絵菜(ろうけつ染め美人職人)の通販や作品は?年齢や年収は?

沸騰ワード10の美人職人で、

山梨県甲州市1200年の伝統のろうけつ染めの職人として

古屋絵菜さんが紹介されます。

NHK大河ドラマの八重の桜でオープニングタイトルバックに

作品が使われていました。

古屋絵菜のプロフィール、経歴、通販、作品、個展、

年齢、年収を調査しています。

早速ですが、それではいってみましょう!


Sponsored Links


古屋絵菜のプロフィールと経歴

名前は、古屋絵菜(ふるや えな)さんです。

出身は、山梨県甲州市です。

高校は、山梨県立日川高等学校を卒業。

大学は、武蔵野美術大学工芸工業デザイン科テキスタイルスタイル専攻修了です。

ろうけつ染めとであったのがこの時です。

2015年には上海大学に留学し、海外の技術を学んできています。

その後、山梨へ戻り、ろうけつ染め職人として活動します。

ろうけつ染めとは?

筆等で溶かした蝋を布に塗り、模様を描がきます。

染料で布を染色し、蝋を落として水洗いします。

蝋を塗った部分は白く染め抜かれます。

複数の染色するにはこの工程を繰り返しながら作業していきます。

蝋を乾燥ひび割れを入れることで、

独特の亀裂模様を作り出すこともできます。

古屋絵菜さんの年齢は?

生年月日は、1985年です。

年齢は、2017年6月16日現在、32歳です。

古屋絵菜さんの年収は?

ろうけつ染め職人で、

フリーランスとして認められば1000万円ぐらい稼ぐことは

可能らしいです。

NHK大河ドラマの八重の桜でオープニングタイトルバックに

使われるぐらい有名なので、

推測になりますが、古屋絵菜さんの年収は、

1000万円から2000万円ぐらいではないでしょうか?

古屋絵菜(ろうけつ染め美人職人)の通販は?

古屋絵菜さんの作品の通販は、

残念ながらやっていないようです。

もしかしたら個展や展覧会で直接、

買えるかもしれません。

実は、個展の開催があります。

場所は、元麻布ギャラリー甲府店です。

住所は、山梨県甲府市丸の内2丁目3−2です。

山梨県甲府市丸の内2丁目3−2

 

日時が2017年6月17日(土)から6月26日(月)の

11時から18時までの間で見ることが可能です。

古屋絵菜(ろうけつ染め美人職人)の作品は?

NHK大河ドラマの八重の桜でオープニングタイトルバックに使われた

作品が有名ではないでしょうか?

以下のページに作品の一覧があります。

http://stage-in.jp/furuyaena

Sponsored Links


おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ