内山りゅう(水中写真家)の写真集や経歴は?年収や結婚と家族は?

サラメシ「シーズン7 第10回」で

淡水専門の水中写真家の内山りゅうさんが出演します。

お仕事とランチを拝見するそうです。

内山りゅう(水中写真家)のプロフィール、経歴、

写真集、年収、結婚、家族を調査しました。

早速ですが、それではいってみましょう!

Sponsored Links

内山りゅうのプロフィールと経歴

名前は、内山 りゅう(うちやま りゅう)さんです。

生年月日は、1962年8月1日です。

年齢は、2017年6月27日現在、54歳です。

職業は、ネイチャー・フォトグラファー(水中写真家)です。

ネイチャーフォトグラファーとは、一般的には、風景を撮る写真家で、

場所のイメージにとらわれない独自の世界観を作ることが大切なようです。

有名になるのは独自の世界観が必要とのことですね。

内山りゅうさんは、水中のを生き物とその環境を撮る写真家です。

淡水に棲む生き物にこだわりを持っており、

図鑑や写真集等などで使われているそうです。

出身地は、東京都にです。

大学は、東海大学海洋学部水産学科卒業しています。

大学も海洋学部ということは、もともと魚や海が

好きだったんでしょうね。

大学卒業後、写真家の桜井淳史さんを師匠として働いていました。

桜井淳史さんは、海や川の水棲動物を中心に幅広く動物の生態を

撮っており、児童向けの科学雑誌や図鑑、

専門紙に写真が使われています。

師匠と同じ道を進んでいるんですね。

内山りゅうさんは、師匠とまったく同じではなく、

淡水を強みにしているんですね。

1999年に和歌山県白浜町に移住し、

清らかな水を取り巻く水環境にレンズを向け、

創作活動を続けています。

しかも50以上の水槽がある水生生物撮影用の

スタジオも作ったそうです。

平成22年度和歌山県文化奨励賞を受賞しています。

Sponsored Links

内山りゅうさんの写真集は?

内山りゅうさんの写真集の「水のこと: 水の国、わかやま。」の

写真を抜粋したページがありましたので紹介します。

http://kireilife.jp/tabi/kinki/wakayama/mizunokoto.html

和歌山県の日置川水系、熊野川水系、古座川水系を撮った写真集です。

こんな綺麗な水の姿をみたことはありませんぐらい

綺麗ですので必見です。

内山りゅうさんの年収は?

プロのカメラマンの年収は雇われているか

フリーかで大分違います。

フリーでも人気がある無いでも違います。

雇われのアシスタントで月給15万円程度です。

フリーランスの人で年収1000万円以上の人もいます。

上から下までそれぞれということになりますね。

推測になりますが、内山りゅうさんは、

人気も実力もあるので、

年収1000万円以上ではないでしょうか?

内山りゅうさんの結婚や家族は?

調べてみましたが情報がありませんでした。

本人のサイトや過去に放送されたテレビ等を調べましたが

結婚、家族の情報はありませんでした。

推測になりますが、内山りゅうさんは、独身だと思われます。

過去に結婚していた可能性もありますが、

情報がありませんので、現在は独身だと推測します。

Sponsored Links
おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ