須永珠代の結婚や年齢は?年収や起業した理由が気になる!

カンブリア宮殿で

「あなたも始めますか?人気の“ふるさと納税”ブームの仕掛人」

でトラストバンク社長の須永珠代さんが出演します。

ふるさと納税サイトのふるさとチョイスを

運営している社長さんなんです。

須永珠代のプロフィール、経歴、結婚、年齢、

年収、起業した理由を調査しました。

早速ですが、それではいってみましょう!

Sponsored Links

須永珠代さんのプロフィールと経歴

名前は、須永珠代(すなが たまよ)さんです。

出身は、群馬県伊勢崎市です。

就職氷河期に大学を卒業した後、

地元の群馬県に戻って事務職として就職しましたが、

未来に希望が持てず1年で退社しました。

その後、東京で派遣社員やアルバイトで

営業、経理、販売など10以上の職をやってきました。

この時は、自分に合う仕事を探していたんでしょうね?

この時の経験も起業に役に立っているのではないでしょうか?

29歳で専門学校や独学でウェブデザインやプログラミングの勉強を始めました。

この時期に30代で起業することを決意したそうです。

独学で勉強するって大変ですよね。

私も何度も独学で勉強しましたが続きませんよね。

お金はかかりますが、

やはり学校や知っている人に教わる方が早く理解や技術を

習得することが出来ることを経験しましたよ。

30代前半にITベンチャーで3年間働きましたがタイミングも悪く、

退社した直後にリーマンショックが起こり、

1年間、無職の生活をしていたそうです。

FXのデイトレードでなんとか日銭を稼いで、

暮らしていたそうです。

合間に資格の勉強をしていたそうです。

ずっと仕事を探していたんでしょうね。

その後、ITベンチャーに就職し、

企業の通販サイト立ち上げの仕事でウェブデザイナー、

ディレクター、コンサルタントとして活躍します。

38歳の時に、29歳の時に掲げた30代に起業がらできないと思い、退社しました。

2012年4月にトラストバンクを設立します。

地方自治体と納税者をつなぐ架け橋になろうと

思ってトラストバンクを設立したそうです。

2012年9月にふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を立ち上げ、

ふるさと納税ブームを起こしました。

私も毎年使っています。

クレジットカードで納付できるので便利ですよね。

ちなみにふるさと納税とは、ふるさと納税は、

地方の人口減少による税収減への対応として、2008年に国が始めた制度です。

自分の居住地以外で応援したい自治体に寄付をすると、

寄付額のうち2000円を超える金額は所得税と住民税が控除される仕組みです。

多くの自治体が、寄付者に特産品などの「お礼の品」を貰えます。

2015年に「日経WOMANウーマン・オブ・ザ・イヤー2016」大賞を受賞。

本も書いており、『1000億円のブームを生んだ考えぬく力』(日経BP社)があります。

Sponsored Links

須永珠代さんの年齢は?

生年月日は、1974年です。

現在、2017年6月29日現在、43歳です。

見た目は43歳には見えないですね。

もっと若く感じました。

須永珠代さんの結婚は?

年齢から考えてみると結婚していてもいいのではないでしょうか?

綺麗な方なのでそのような機会もあったのではないでしょうか?

しかし、今まで怒涛の人生を送って来たので、彼氏や結婚ってワードが出て来てませんね。

推測になりますが、須永珠代さんは、結婚はしておらず独身ではないでしょうか?

仕事術が満載の本です。

未来をつかみたい人には必見です!

須永珠代さんの年収は?

社長の平均年収がボーナスありの場合が、3797万円、

ボーナスなしの場合が、2763万円が平均と言われています。

中小企業だと年収は下がっていくでしょうね。

ベンチャー企業だと売上次第でピンからキリまでありそうですね。

設立したトラストバンクは、現在は、資本金750万円で社員数は34人です。

推測になりますが、2000万円以上稼いでいるのではないでしょうか?

Sponsored Links
おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ