浜木綿子の現在や若い頃の画像は?妹や整形と元夫が気になる!

徹子の部屋に女優の浜木綿子さんと

加藤茶さんが出演します。

浜木綿子さんは、ドラマの監察医・室生亜季子が

有名ですよね。

浜木綿子のプロフィール、経歴、現在、

若い頃の画像、妹、整形、元夫を調査しました。

早速ですが、それではいってみましょう!


Sponsored Links


浜木綿子さんのプロフィールと経歴

名前は、浜 木綿子(はま ゆうこ)さんです。

名前の読み方が難しいですよね。

木綿子で「ゆうこ」とは読めませんでした。

生年月日は、1935年10月31日です。

年齢は、2017年7月3日現在、81歳です。

見た目は、81歳とは見えないですよね。

びっくりするぐらいです。

女優さんで、元・宝塚歌劇団雪組トップ娘役です。

宝塚歌劇団40期生で同期生に那智わたるさん、

藤里美保さん、麻鳥千穂さんが居ます。

元宝塚だったんですね。

そりゃあ美しいはずですね!

生まれは、東京市目黒区です。

大阪府豊中市の「梅花中学校・高等学校」出身です。

生まれは東京ですが、育ちは大阪だったんですね。

宝塚歌劇団時代の愛称は本名から「アツコ」と呼ばれていました。

1953年に宝塚音楽学校を経て、宝塚歌劇団に入団します。

宝塚入団時の成績は64人中3位です。

最初から上位に居ますね。

娘役として、春日野八千代さん、明石照子さん、寿美花代さんたち

を相手に『恋人よ我に帰れ』、『青い珊瑚礁』などでの一躍有名になりました。

『がしんたれ』、『がめつい奴』など外部出演もしてます。

1961年4月30日で、宝塚歌劇団を退団します。

その後は東宝現代劇と契約します。

舞台女優として『悲しき道具』(1962年)で文化庁芸術祭奨励賞、

『湯葉』(1973年)でゴールデン・アロー賞演劇部門賞を受賞しています。

1980年代から2000年代前半にかけては2時間ドラマの主演女優で活躍しました。

『女保険調査員シリーズ』『女監察医・室生亜季子』シリーズ、

『おふくろシリーズ』で、高視聴率番組でした。

二時間ドラマの女王として君臨したいました。

『火曜サスペンス劇場』最多主演女優でもあります。

1965年に三代目市川猿之助(後の二代目市川猿翁)と結婚します。

1965年12月に長男の照之さんを出産しています。

1968年に夫が16歳年上の愛人である藤間紫さんの

元へ移り住んだため、離婚しています。

照之さんは浜木綿子さんが引き取り、

母の協力のもと、女優を続けながら育てました。

1989年に『人生は、ガタゴト列車に乗って…』の

井上マス役の演技により第15回『菊田一夫演劇賞大賞』を受賞しています。

芸能生活60周年を迎え、永年の舞台の功績に対して、

第38回『菊田一夫演劇賞特別賞』を受賞しました。

2000年には紫綬褒章受章しています。

2014年秋の叙勲で旭日小綬章を受章しています。


Sponsored Links


浜木綿子さんの現在

人気ドラマ『女監察医・室生亜季子』シリーズの終了後は

テレビドラマの出演はなく、年間1か月の座長公演及び、

その稽古期間やCM出演以外は、仕事をしていないそうです。

悠々自適の生活を送っているそうです。

まだ仕事はしていますがゆっくりした生活ができているようですね。

現在は、息子一家と同居しています。

一時期は元夫も加わり生活していたが、現在は元夫は別の女性と暮らしています。

やはり難しい家族ですね。

浜木綿子さんの若い頃の画像は?

浜木綿子,若い頃

引用元:http://tarot-channeling.com/

やはり凄く綺麗な人ですね。

凄くもてていたことが想像できますね。

浜木綿子さんは整形?

浜木綿子さんには、整形の噂があります。

2016年ごろに噂があがったそうです。

さすがにその年齢になって整形はないでしょうと

思いますよね。

やはり整形した事実はないようです。

年齢が年齢なので、アンチエイジングとして

色々なことはしていると思われます。

肌の張りをキープするためにヒアルロン酸とかは

入れているかもしれませんね。

さすがに何もしないであの美貌を保つのは

無理と思われます。

浜木綿子さんの妹は?

浜木綿子さんには妹さんがいます。

名前は、浜由里子(はまゆりこ)さんです。。

浜由里子さんは、浜木綿子さんと同じく宝塚出身です。

1959年に宝塚歌劇団47期生として宝塚音楽学校に入学し、

1961年に卒業します。

宝塚歌劇団に入団し、1963年に退団します。

姉妹そろって宝塚とは、すごい家族ですよね。

Sponsored Links


おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ