ナンキョクオキアミ(南極)のバイオマスやクリールオイルは食用?

NHKスペシャルシリーズ ディープ・オーシャン

南極 深海に巨大生物を見たが放送されます。

ダイオウイカを撮影した深海取材班が南極で世界初となる

潜水艇調査を行ないます。

巨大カイメン、クラゲ、巨大イカ、ナンキョクオキアミが紹介します。

ナンキョクオキアミ(南極)のバイオマスやクリールオイルは食用?

を調査しました。

早速ですが、それでは行ってみましょう!

Sponsored Links

ナンキョクオキアミとは?

ナンキョクオキアミ(南極沖醤蝦、学名:Euphausia superba)とは、

オキアミ目に属する動物の一種で、南極海に住んでいます。

エビに似た外見をしており、巨大な群れを作って泳ぎます。

群れは、1m3に10,000–30,000個体が存在することもあるそうです。

ナンキョクオキアミは微小な植物プランクトンを直接食べています。

植物プランクトンが外洋でのライフサイクルを支えるために

太陽光から引き出した第一次生産エネルギーを利用していることになる。

ナンキョクオキアミは体長6cm、体重最大2グラムまで成長します。

寿命は最高で6年ぐらいです。

ナンキョクオキアミのクリールオイルは食用は可能?

ナンキョクオキアミは、高タンパク、高栄養素を含有しています。

なので、魚が大好きです。

ナンキョクオキアミは、自身の身を赤くする自然の

色素アスタキサンチンを含んでおり、

アスタキサンチンは強い抗酸化力を持ち、それはビタミンCの100倍、

ビタミンEの1000倍とも言われています。

抗炎症作用、動脈硬化抑制作用、がん発症抑制作用、糖尿病抑制作用、

ストレス抑制作用をはじめ、目や脳、肝臓などの体の組織の性能を

高める効果もあるといわれています。

こんなに栄養化高いものを食べないってもったいないですよね。

直接は食べないようですが、クリルオイルとしてサプリメントとして使われています。

クリールオイルは、オキアミから抽出された脂質成分のことです。

サプリメントを食べてみたいですね。

ナンキョクオキアミのバイオマスとは?

バイオマスとは、生物資源(bio)の量(mass)を表す概念で、

一般的には「再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」です。

ナンキョクオキアミのバイオマスは、地球での最も成功している動物です。

Sponsored Links
おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ