佐野俊二は退職してサンフランシスコに!妻や息子と家族は?

未来世紀ジパング【世界を救う!日本の医療2】で

医師の佐野俊二が紹介されます。

2016年にアメリカのサンフランシスコの病院に移りました。

過去には、プロフェッショナル 仕事の流儀や

情熱大陸でも紹介されています。

佐野俊二医師は、岡山大学を退職して64歳でサンフランシスコに行っています。

プロフィール、経歴、妻、子供(息子)、家族を調査しました。

早速ですが、行ってみましょう!


Sponsored Links


佐野俊二医師のプロフィール

名前は、佐野 俊二(さの しゅんじ)さんです。

生年月日は、1952年生まれです。

年齢は、生年月日と2016年に64歳でアメリカに向かっているので、

2017年度は65歳か思われます。

専門は、心臓血管外科です。

出身は、広島県芦品郡駅家町(現福山市)です。

高校は、広島県立福山誠之館高等学校を卒業しています。

大学は、1977年に岡山大学医学部を卒業しています。

1982年に岡山大学大学院医学研究科卒業を卒業しています。

プロフェショナルの流儀は必見です。

佐野俊二医師の経歴

岡山大学大学院を卒業後、以下の経歴となっています。

1982年に兵庫県立尼崎病院心臓血管外科副医長になっています。

1985年にニュージーランド/Green Lane Hospital

(Auckland University Medical Schoolの胸部心臓血管部門専門病院)においてSenior Registrar

1987年にオーストラリア/Royal Children’s Hospitalになっています。

(Melbourne University MedicalSchool の小児専門病院)においてSenior Fellow

1988年にRoyal Children’s Hospital においてConsultant Cardiac Surgeonになっています。

1990年に岡山大学医学部第2 外科助手になっています。

1991年に岡山大学医学部心臓血管外科助手になっています。


Sponsored Links


1993年に岡山大学医学部心臓血管外科教授になっています。

2001年に岡山大学大学院医歯学総合研究科心臓血管外科教授になっています。

2002年に岡山大学医学部附属病院副病院長と

昭和大学横浜市北部病院循環器センター循環器科客員教授になっています。

2005年に岡山大学大学院医歯薬学総合研究科心臓血管外科教授になっています。

2016年にカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)

外科部門小児心臓胸部外科教授になっています。

今までにニュージーランド、オーストラリア、日本、アメリカで

実績を上げていますね。

64歳でヘッドハンティングされ、アメリカに行く決断は凄いですね。

もう日本で安定した地位もあったのにかかわらず、

「まだ救える命がたくさんある」といって新たの地に

行くのは大変だと思います。

同じ番組内で特集されるのでチェックしてはどうでしょうか?

瀧澤克己(旭川赤十字病院)の経歴や出身大学は?年収や家族は?

佐野俊二医師の妻や息子と家族は?

ニュージーランドに居たときは妻と一緒に居たことが

書いてあったのとカリフォルニア大学サンフランシスコ校に

行く前の記念祝賀会が奥さんと壇上にあがっていますので、

奥さんは居るは確実です。

名前は、紀子さんです。

写真は以下のページにあります。

http://medica.sanyonews.jp/article/6620/

佐野俊二医師と奥さんでの間の子供は、

検索エンジンで息子ってキーワードにでているのですが、

詳細な情報が無く、現在調査中です。

Sponsored Links

おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ