岸惠子の自宅や現在と若い頃の画像は?娘と孫や夫が気になる!

徹子の部屋で女優の岸惠子さんが出演します。

年齢は84歳とのことですが、まだまだお若くみえますね。

現在は、フランスで1人暮らしをしているそうです。

フランス語もマスタしています。

岸惠子のプロフィール、経歴、自宅、現在、若い頃の画像、

娘、孫、夫を調査しました。

早速ですが、それではいってみましょう!


Sponsored Links


岸惠子さんのプロフィール

名前は、岸 惠子(きし けいこ)さんです。

岸さんの名前は、恵子さんだと思ってたのですが、惠子さんです。

恵子さんとの表記もあるそうです。

生年月日は、1932年8月11日です。

年齢は2017年7月20日現在、84歳です。

女優・文筆家で活躍しています。

身長は、161センチ、体重47キロです。

事務所は、舞プロモーションです。

神奈川県横浜市神奈川区生まれです。

高校在学中に小牧バレエ団に通いはじめます。

神奈川県立横浜平沼高等学校卒業しています。

岸惠子さんの夫や娘と孫は?

1957年の25歳の時にフランス人の映画監督で医師でも

ある11歳年上のイヴ・シャンピさんと結婚しています。

挙式はフランスで行い、川端康成さんが立会人でした。

文豪が立会人とは凄いですね。

結婚後はパリへ移住しました。

当時は日本人が海外旅行をすることが出来ない時代でした。

その時にフランスへ移住する日本人は非常に珍しかったそうです。

1963年に娘のデルフィーヌ=麻衣子・シャンピさんを出産します。

夫のイヴ・シャンピの母が世界的なバイオリニストだった影響で、

「女性は手を大事にしなければならない」という理由から

料理をするのを禁じられていました。

トップレベルで楽器とか演奏する人達は、怪我したら仕事が無くなりますからね。

手を使う仕事ではないのに禁じられるのは辛いですよね。

そのこともあり、ノイローゼになりました。

しかし、この頃にフランス語をマスターした。

1973年の41歳のとき離婚しています。

離婚した時は娘は11歳でした。

その後は結婚せずに独身を貫いています。

娘のデルフィーヌさんは、パリ在住のオーストラリア人の

作曲家と結婚しています。

一人娘のデルフィーヌの子供である男の子の孫が2人います。

娘や孫たちとときどき会っています。


Sponsored Links


岸惠子さんの自宅と現在は?

自宅はセーヌ川の中州にあるパリ発祥の地である

パリの高級住宅街として有名なサン・ルイ島にあります。

築400年の家で一人暮らしをしている。

最新小説を執筆中です。

「やりたいことはたくさんある。やりたいことがなくなったら死んだほうがいい」

と話しています。

岸惠子さんの経歴

もともとは作家志望で川端康成さんの本を夢中になって読んでいました。

高校時代に観た「美女と野獣」に魅せられ、映画に興味を持ち、

田中敦子(小園蓉子)郷んと松竹大船撮影所を見学するうちに、

吉村公三郎さんにスカウトされました。

スカウトを断ったが後に「本物の女学生が欲しい」と頼まれて1本だけの約束で

、1951年に大学入学までという条件で松竹に入社しました。

映画「我が家は楽し」でデビューしました。

映画がヒットしてそのまま女優になりました。

1952年には「坊ちゃん重役」で鶴田浩二さんのと佐田啓二さんの相手役となりました。

1952年5月に松竹の看板スターであった鶴田浩二さんが、

戦後のスタープロ第1号となる新生プロを設立して独立しました。

その第1作として、新東宝配給「弥太郎笠」の制作にあたり、

鶴田浩二さんの相手役のヒロインとして岸惠子さんにオファーを出すが、

松竹は拒否したため岸惠子さんは辞表を出しました。

結局松竹が折れて、映画に出演しています。

新生プロの「ハワイの夜」でも鶴田浩二さんと共演しヒットとなりました。

この頃、鶴田浩二さんとの恋愛関係が報道されたが、

松竹に強引に別れさせられた。

今だとありえませんが、この頃は事務所が強かったんですね。

1953年から1954年にかけて映画「君の名は」の3部作が大ヒット。

主人公の氏家真知子のストールの巻き方を「真知子巻き」と

呼んでマネる女性が出るほどだった。

これは岸惠子さんのアドリブで北海道での撮影の合間に、

現地のあまりの寒さに横浜で購入して持参していた私物のストールで

耳や頭をくるんだことからだったようです。

以降、松竹の看板女優として絶大な人気でした。

1954年には有馬稲子さん、久我美子さんとともに

「文芸プロダクションにんじんくらぶ」を設立しています。

1956年にフランス・日本合作映画「忘れえぬ慕情」に出演しています。

1957年に「忘れえぬ慕情」に出演しています。

以降、パリに居を構え、フランスと日本

1996年に国連人口基金親善大使に任命されています。

2000年に発表された「キネマ旬報」の「20世紀の映画スター・女優編」で

日本女優の8位になりました。

2013年3月に自らの恋愛経験を基にオマージュした熟年男女の恋愛小説「わりなき恋」を出版。

2014年発表の「オールタイム・ベスト 日本映画男優・女優」では日本女優7位となっています。

2014年に小説「わりなき恋」を原作とした一人舞台「わりなき恋」に主演しています。

脚本も岸惠子さんが書いています。

岸惠子さんの若い頃の画像は?

この写真は綺麗ですね。

岸惠子,若い頃,画像

引用元:http://blog.livedoor.jp/whomeoh/archives/34815996.html

岸惠子,若い頃,画像

引用元:http://subcultoka.jp/2817.html

Sponsored Links

おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ