武藤将吾(脚本家)の経歴やドラマ作品は?年齢や家族が気になる!

仮面ライダービルドが2017年9月から放送されます。

平成仮面ライダーシリーズ第19作になります。

脚本はヒットドラマを脚本している

武藤将吾さんが担当します。

監督は田崎竜太さん等が担当します。

武藤将吾さんは、家族ゲーム等のドラマの

脚本を担当しています。

武藤将吾(脚本家)のプロフィール、経歴、

脚本作品、年齢、家族を調査しました。

早速ですが、それでは行ってみましょう!

Sponsored Links

武藤将吾(脚本家)のプロフィールと年齢

武藤将吾

引用元:http://www.crank-in.net

名前は、武藤 将吾(むとう しょうご)さんです。

生年月日は1977年です。

年齢は、2017年7月26日現在、39歳か40歳です。

私と生まれが同じなので同期かもしれませんね。

出身は神奈川県です。

脚本家として活躍しています。

日本シナリオ作家協会理事をしています。

武藤将吾(脚本家)の経歴

シナリオ作家協会主催のシナリオ講座にて

柏原寛司さん、西岡琢也さんらに師事した後、

2002年「野球狂の親父」で第15回フジテレビヤングシナリオ大賞

佳作を受賞しています。

それ以降、フジテレビのドラマの脚本をしており、

「電車男」や「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」などの

ヒットドラマを生み出しています。

堀北真希さんや小栗旬さん、生田斗真さんが主演していました

「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」は

これ!

電車男は一時期、2チャンネルで一躍有名になりましたよね。

懐かしいですね。

また見返してみるのは以下がでしょうか?

Sponsored Links

武藤将吾(脚本家)の家族は?

武藤将吾さんは、結婚されており、息子さんがいるようです。

今回、仮面ライダービルドにあたり以下のコメントを残しています。

きっかけは、息子でした。偶然一緒に観たニチアサに衝撃を受けると同時に、

これまで平成ライダーに触れてこなかった己を猛烈に悔やみました。

それからというもの、クールかつハードな第1期に酔いしれ、

娯楽性を追求した第2期に興奮し、

気づけば平成ライダーを熱く語るオッサンになっていました。

第19作。仮面ライダーの歴史の重みを真摯に受け止め、

最大級の敬意を表すとともに、これまで培ってきたノウハウを活かして、

子供も大人も燃える作品を志していきます。

1年間、どうぞ宜しくお願いします

私も子供一緒にみて、仮面ライダーを見ることになりましたよ。

子供の頃は仮面ライダーに興味がなかったのに。

武藤将吾さんのおなじかんじなんですかな?

武藤将吾(脚本家)の脚本作品は?

フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞したこともあって

フジテレビの製作のドラマが多いですね。

【ドラマ】

○フジテレビ

・電車男(2005年)

・小早川伸木の恋(2006年)

・花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜(2007年)

・シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜(2008年)

・セレブと貧乏太郎(2008年)※第4話のみ

・アタシんちの男子(2009年)

・ジョーカー 許されざる捜査官(2010年)

・家族ゲーム(2013年)

・若者たち2014(2014年)

・電車男DELUXE 最後の聖戦(2006年)

・花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜卒業式&7と1/2話スペシャル(2008年)

・シバトラ〜童顔刑事!史上最大の危機スペシャル〜(2009年)

・シバトラ〜さらば、童顔刑事スペシャル〜(2010年)

○フジテレビ以外

・怪盗 山猫(2016年、日本テレビ)

・仮面ライダービルド(2017年、テレビ朝日)

【映画】

クローズZERO(2007年)

クローズZERO II(2009年)

シュアリー・サムデイ(2010年)

テルマエ・ロマエ(2012年)

さらば あぶない刑事(2016年)

クローズZERO(2008年 – 2010年)

Sponsored Links
おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ