小野亮平(漫画家)の作品と年収は?経歴や高円寺で始めたことは?

ザ・ノンフィクションは高円寺でひとりぼっちが放送されます。

今回の主人公は、小野亮平(漫画家)さんです。

年齢は、33歳です。

高校を中退して、売れっ子の漫画家を目指してきましたが、

夢が叶わず、自己資金 四百万円を投じて、高円寺であるコトを始めました。

小野亮平(漫画家)のプロフィールと経歴、作品と年収、

経歴や高円寺で始めたことを調査しています。

早速ですが、それではいってみましょう!


Sponsored Links


小野亮平(漫画家)のプロフィールと経歴

名前は、小野亮平(おの りょうへい)さんです。

ペンネームは、ペンネーム木星在住です。

年齢は、33歳です。

出身は神奈川です。

高校を中退して、親の猛反対を押し切ってまで、

選んだプロの漫画家を目指してきました。

しかし夢は未だ叶っていません。

ヤングマガジンで開催されたちばてつや賞 ヤング部門 第57回の佳作として、

23歳の時に、小野亮平さんが書いた

「スーパーアイドル劣伝UP’S」が佳作として表彰されています。

ちばてつやさんの選評は、以下のようにコメントしています。

キャラクターがそれぞれよく描けていて、くだらないと思いながらも、

笑っている自分がいた。展開をスッキリさせれば、より楽しく読めるはず。

引用元:http://yanmaga.jp/awards/chiba/archive/57.html

小野亮平(漫画家)の作品は?

作品があまりでていないようですね。

なんとか探しましたが、2つだけ分かりました。

・「スーパーアイドル劣伝UP’S」

・「父ちゃんはスキン」 ヤングマガジンデビュー作

まだプロの漫画家ではないので、

コミケ等で自主出版で売ってたりするんでしょうか?


Sponsored Links


小野亮平(漫画家)の年収は?

週刊連載をしている漫画家の場合の

収入は「原稿料」となります。

原稿料は、だいたい1ページあたり数千円〜数万円になり、

この金額は、漫画家と出版社の間で決めます。

漫画家は「印税」の収入があります。

人気がある作品は単行本(コミック)化され、

漫画家はその発行部数に応じた印税を得ることできます。

単行本の印税の場合、著者の取り分は8%〜10%程度です。

漫画家の月収は、数万円程度から数千万円以上まで、

凄い範囲での幅があります。

小野亮平さんは、まだプロの漫画家になっていないので、

推測になりますが、漫画家での収入は無いのではないでしょうか?

バイトか漫画家のアシスタント等で生活費を稼いでいるのはないでしょうか?

同じ番組で濱未亜さんも紹介されます。

濱未亜(はまみあ)のプロフィールやフォトグラファーの作品と写真集は?

小野亮平さんが高円寺で始めたことは?

小野亮平さんは、自己資金 四百万円を投じて、

高円寺であるコトを始めました。

あるコトとはなんでしょうか?

しかし、その結果、小野亮平さんの生活を苦しめることになります。

あるコトを推測してみました。

漫画関係だと思うので、

漫画喫茶?漫画専門の書店?を始めたんではないでしょうか?

テレビを見て、詳細は確認します。

「BAR365」を2016年末に開業し、

オープン以来毎月5万円ほど赤字になっていました。

Sponsored Links

おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ