三輪昌史(徳島大学三輪研究室チーム)准教授の経歴やドローンは?

超絶 凄(すご)ワザ!の

「強風でも落ちずに飛べ! 究極のドローン対決」で

徳島大学大学院社会産業理工学研究部チームとして、

エンルートと対決します。

勝つのはどっちでしょうか?

三輪昌史(徳島大学大学院社会産業理工学研究部)准教授の

プロフィールと経歴、ドローンを調査しました。

早速ですが、それではいってみましょう!


Sponsored Links


三輪昌史(徳島大学三輪研究室)准教授のプロフィールは?

名前は、三輪 昌史 ( みわ まさふみ )さんです。

生年月日は、1969年生まれです。

年齢は、47歳か48歳です。

専門分野は、機械工学です。

1992年3月に徳島大学工学部機械工学科卒業しています。

1996年 3月に 徳島大学 大学院工学研究科博士後期課程生産開発工学専攻 退学しています。

2001年11月に徳島大学の博士(工学)。

三輪昌史(徳島大学三輪研究室)准教授の経歴とドローンは?

1996年に和歌山大の助手になりました。

複数のプロペラで飛ぶマルチコプターの姿勢制御(ドローン)を

研究してきたきっかけは1996年ごろに、無線操縦の模型飛行機を飛ばすサークルに入り、

空撮に挑戦した経験からです。

機体を安定して飛行させる難しさを実感しました。

「誰でも簡単に機体を操作できる装置がほしい」と考え、

ドローンの研究を始めたそうです。

2007年4月に 徳島大学の講師で大学院ソシオテクノサイエンス研究部 (-2014年9月)

2008年に、事前に設定したルートを飛行して

撮影するヘリコプター型無人機を開発しました。

しかし、むき出しのプロペラはたいへん危険で、

強風の中では姿勢を保つことは難しかった。

課題を克服するため、プロペラの回転部分の周囲に枠を

設けた「ダクトファン」を複数使うマルチコプターの研究を始めました。

2014年10月に徳島大学の准教授で大学院ソシオテクノサイエンス研究部 (-2016年3月)

2016年4月に徳島大学の准教授で大学院理工学研究部 (-2017年3月)

2017年4月に徳島大学の准教授で大学院社会産業理工学研究部

大学院生と現在、共同開発している、世界でも研究例が

少ない水中から飛び立つことができる機体なんです。

風速7メートルでも安定飛行できる機体や、

ガソリンエンジンと電気モーターを動力とするハイブリッド型の開発しているそうです。

風速7メートルでも安定飛行できる機体を改造して、

今回の超絶 凄(すご)ワザ!の対決をするんでしょうか?

Sponsored Links

おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ