白石加代子の若い頃の画像や娘と夫は?子供や家族が気になる!

「ひよっこ」であかね荘の大家を演じる白石加代子さんが

土曜スタジオパークにゲストとして出演します。

白石加代子さんは、今やひよっこで大活躍していますが、

百物語が有名ですよね。

白石加代子のプロフィールと経歴、

若い頃の画像や娘と旦那、子供や家族を調査しました。

早速ですが、それでは行ってみましょう!


Sponsored Links


白石加代子さんのプロフィール

名前は、白石 加代子(しらいし かよこ)さんです。

生年月日は、1941年12月9日です。

年齢は、2017円8月5日時点で75歳です。

東京都港区出身です。

舞台女優として活躍しています。

事務所は、有限会社白石加代子事務所所属です。

個人の事務所を作っているみたいですね。

身長は158センチで、

体重は54キロです。

血液型はAB型です。

父親の仁志郎(にしろう)さんと母親のフサの

長女として1941年12月9日に生まれました。

父は逓信省の役人で静岡県河津浜電話中継所の所長を務めていました。

しかし、白石加代子さんが5歳の時、結核で父親が他界しています。

父親がいないことで家計が常に苦しかったそうです。

昔なので、父親がお金を稼いできて、母親が家を守るって

ことが普通だったので、今のように、

母親が働くってこともなかったと思うので、大変だったんでしょうね。

高校は、麹町学園女子高等学校を卒業しています。


Sponsored Links


白石加代子さんの経歴

小学生の時、学校にやって来た児童劇団の芝居を見て、

舞台の世界に魅力を感じていたそうですが・・・

しかし、弟が就職するまで長女として家計を

支えなければならない状況から

高校卒業後に港区役所税務課に就職しました。

弟の就職が決まった1967年の春に、港区役所税務課を退職しました。

念願の舞台をやるために早稲田小劇場(現・SCOT)に入団しました。

SCOTは以下のように説明してあります・。

SCOT(Suzuki Company of Toga)は、

1976年(昭和51年)に東京から富山県利賀村に拠点を移し、

合掌造りの民家を改造した劇場を利賀山房と名づけて活動を始めました。

その後、利賀村と協力して、野外劇場・稽古場・宿舎などを増設。

利賀におけるSCOTの活動は世界の注目を集め、利賀村は一躍、

世界の演劇人に聖地の一つと言われるようになりました。

1982年には、日本で初めての世界演劇祭「利賀フェスティバル」を開催(1982-1999)、

毎年世界の舞台芸術家が利賀に集まり、スズキ・トレーニング・メソッドの

訓練や作品づくりの稽古をしています。

世界は現在、グローバリゼーションという社会構造の急激な変化に見舞われていますが、

この変化は私たちの生活の裡の守るべきもの、捨てるべきもの、

新しく創り出さなければならないもの、それらは何かを考えさせ、かつ、

行動することを私たちに迫っています。

SCOTは、2008年から再び利賀村を拠点に、

この世界の変化に呼応する新しい活動を展開しています。

引用元:http://www.scot-suzukicompany.com/scot.php

1970年に「劇的なるものをめぐってII」の主演で狂気女優としてて評判となります。

その後は、早稲田小劇場(現・SCOT)の看板女優となっています。

世界各国での公演も行っていました。

映画にも出演しており、「女囚さそり 第41雑居房」で、

女囚役とし活躍しています。

1989年に早稲田小劇場(現・SCOT)を退団して独立しています。

実は、白石加代子さんは、無類の稽古好きとのことです。

以下の有名な演出家の作品出ています。

宮本亜門さんの「メアリースチュアート」

鵜山仁さんの「女たちの十二夜」

鴻上尚史さんの「ゴドーを待ちながら」

野田秀樹さんの「虎‐国姓爺合戦」

初演鈴木裕美/再演青山真治さんの「おやすみ、かあさん」。

野村萬斎さんの「国盗人」「サド侯爵夫人」

長塚圭史さんの「ビューテイー・クイーン・オブ・リナーン」、「あかいくらやみ」

蜷川幸雄さんの「真夏の夜の夢」、「身毒丸」、「グリークス」、「ペリクリーズ」、

「天保十二年のシェイクスピア」、「コリオレイナス」、「ムサシ」、

「ムサシ・ロンドンNYバージョン」、「ギリシャ悲劇イスラエル公演-トロイアの女たち」

蜷川幸雄の作品にはたくさん出演していますね。

身毒丸にも出演しています。

1992年に鴨下信一さん演出による、白石加代子「百物語」を始めました。

2014年に第99話/泉鏡花作「天守物語」で、完結しています。

22年も続けていくなんってすごいですね!

辞めるといつものライフワークを失われるので

リズムが変わってしまうでしょうね。

22年間の間には、瀬戸内寂聴さん訳、鴨下信一さん演出構成による

「白石加代子の源氏物語」もやっていました。


Sponsored Links


白石加代子さんの受賞歴は?

1979年に第1回観世寿夫記念法政大学能楽賞(ギリシャ悲劇公演)

1996年に第1回読売演劇大賞優秀女優賞(「百物語」)

1998年に第3回読売演劇大賞優秀女優賞(「身毒丸」)

2001年に芸術選奨文部科学大臣賞(「グリークス」「百物語」)

2001年にスポニチ文化芸術大賞優秀賞(「百物語」)

2005年に紫綬褒章(春の叙勲)

2012年に旭日小綬章

2012年に第33回松尾芸能賞優秀賞

2014年に菊池寛賞

白石加代子さんの夫や娘と子供や家族は?

夫は早稲田小劇場に所属していた深尾誼(ふかお よしみ)さんです。

深尾誼さんはビル管理会社を経営しながら、

白石加代子事務所代表および白石のマネージャーを務めています。

白石加代子さんと深尾誼さんの間に子供として娘がいる

噂がありますが、調査したところ、子供はいないようです。

白石加代子さんの若い頃の画像は?

百物語の一場面ですね。

立花富物語の一場面ですね。

早稲田小劇場の一場面ですね。

若い頃からの雰囲気は今でも変わりませんね。

今の方が強烈な気がしますが・・・

Sponsored Links

おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ