ビーチコーミングの千葉での穴場は?持ち物とやり方が気になる!

沸騰ワード10で、元手を掛けない新ビジネスとして

「ビーチコーミング」が紹介されます。

よく見るアレを拾って売って月50万円?らしいです。

アレとは布袋石(イルカの耳骨化石)ではないかと推測しています。

ビーチコーミングの千葉での穴場は?持ち物とやり方が気になる!を

調査しています。

早速ですが、それでは行ってみましょう!

Sponsored Links

ビーチコーミングとは?

海岸などに打ち上げられた漂着物を収集の対象にしたり観察したりする行為。

漂着物を加工したり標本にしたり装飾にしたりして楽しむ。

本来の意味は売り物になる漂着物を拾い集めることで、

骨董の世界では「海揚がり」と呼ばれてきた。

引用元:wikipedia

ビーチコーミングを英語で書くとBeachcombingです。

Combは「櫛でとく」と意味で、

和訳すると「浜辺を櫛でとく」という意味になります。

海辺にあがったものを拾ったりする遊びなんです。

貝殻、シーグラス、化石、陶磁器、軟骨魚類の卵が

拾えるそうですよ。

ビーチコーミングの千葉での穴場は?

①新舞子海水浴場

住所:千葉県富津市 八幡158-1

千葉県富津市 八幡158-1

 

浜辺で貝殻がたくさんとれるスポットです。

②平砂浦海岸

住所:千葉県館山市洲宮

千葉県館山市洲宮

 

布袋石(イルカの耳骨化石)がとれるスポットです。

③沢倉海岸

住所:千葉県勝浦市沢倉

千葉県勝浦市沢倉

 

シーグラスがとれるスポットです。

④白浜根本海岸

住所:千葉県南房総市白浜町根本

千葉県南房総市白浜町根本

 

貝殻がたくさんとれるスポットです。

ヤシの実が転がっていることもあるそうです。

Sponsored Links

ビーチコーミングの持ち物とやり方は?

ビーチコーミングの持ち物は、

基本的には何もいりません。

やり方も海辺にうちあがったものを拾うということです。

あると便利なものを挙げておきます。

・帽子:暑い日には熱中症対策等で帽子は必須ですね。

・軍手:危険なものもたくさん落ちて拾ったりするとき、ケガをしない様するため

・靴: 危険なものもたくさん落ちているので、ケガをしない様するため。

ビーチサンダル、長靴など。

・雨具:雨が降ってきた時は、傘よりカッパが便利ですね。

・タオル: 汗拭きや濡れた時用に、持っていくと便利ですね。

・着替え :汗をかいたり、濡れた時用に着替えを準備しておくと良いですね。

・飲み物:熱中症対策やのどが渇いたときに飲めるようにしたいですね。

・カメラ:採取・保管が難しい物は、写真に撮っておくとよいですね。

・メモ帳:観察記録をとるときに必要ですね。

・ポケット図鑑:採取した生物などを調べたい時にあると便利ですね。

・メジャー:漂着物のサイズを記録したりする時にあると便利です。

・ルーペ:小さなものを観察する時にあると便利です。

・ナイフ:大きいものの一部分だけを採取する時に必要です。

・袋・箱・新聞紙:採取したものを持って帰る時に必要です。

・ゴミ袋:採取のついでに浜辺を綺麗にしていきましょう。

Sponsored Links
おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ