柳澤孝彦の息子や妻と家族は?経歴や建築作品が気になる!

柳澤孝彦さんが2017年8月14日に年齢が82歳で

他界されております。

原因は、前立腺がんでした。

柳澤孝彦のプロフィール(wiki)、子供(息子)や嫁と家族、

経歴や建築作品を調査しました。

早速ですが、それではいってみましょう!

Sponsored Links


柳澤孝彦さんのプロフィール(wiki)

名前は、柳澤 孝彦(やなぎさわ たかひこ)さんです。

生年月日は、1935年1月1日です。

2017年8月14日に他界しています。

建築家として活躍しております。

出身は、長野県松本市です。

高校は、長野県松本深志高等学校を卒業しています。

大学は、東京芸術大学建築科を卒業しています。

柳澤孝彦さんの息子や妻と家族は?

柳澤孝彦さんの息子は、

柳沢 超(やなぎさわ すすむ)といいます。

男性アイドルグループ「忍者」の元リーダーです。

本名は、柳澤 超(やなぎさわ すすむ)さんです。

漢字が違うだけで読み方は同じですね。

現在も事務所 ティーズナインハーフに所属して

芸能人として活躍しております。

妻は、文恵さんといいます。

文恵さんは、一般の方なので、

名前ぐらいしか情報がありませんでした。

Sponsored Links


柳澤孝彦さんの経歴や建築作品は?

大学卒業後、竹中工務店の設計部に入社しています。

竹中工務店の東京本店設計部長を務めています。

1986年の新国立劇場の国際建築設計競技で最優秀賞

を受賞したことがきっかけで独立しています。

1986年9月にTAK建築・都市計画研究所を設立しています。

数多くの公共建築を多く手がけています。

柳澤孝彦さんの建築作品は、以下となります。

1981年 MOA美術館

1982年 日蓮宗総本山身延山久遠寺大本堂

1983年 大手センタービル

1984年 有楽町マリオン

1988年 真鶴町立中川一政美術館 (吉田五十八賞1990年受賞)

1992年 郡山市立美術館

1993年 窪田空穂記念館

1994年 東京都現代美術館

1995年 富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館

1995年 三鷹市芸術文化センター

1997年 新国立劇場

1997年 さいたま文学館・桶川市民ホール

1997年 ひかり味噌本社屋

1999年 東京オペラシティ

2002年 高根町ふれあい交流ホール

2004年 芦野温泉ホテル本館

2004年 軽井沢・プリンスショッピングプラザ レストラン

2005年 奥田元宋・小由女美術館

2006年 松本深志教育会館

2006年 一葉記念館

2006年 国立ハンセン病資料館

2006年 新佐久教育会館

2007年 川口町滞在型宿泊・研修施設

2010年 国営武蔵丘陵森林公園中央口センター棟

2010年 国立中央青少年交流の家

2010年 日東光学ショールーム・金子茶房

2011年 国立清水海上技術短期大学校総合実習棟

2011年 湯西川ダム管理施設等

2014年 静岡地方・家庭裁判所富士支部庁舎

2014年 上田市交流文化芸術センター・上田市立美術館

2015年 新潟県警察機動隊庁舎等

2016年 千葉県警察学校生徒寮

2016年まで設計していたんですね。

Sponsored Links


おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ