森本等警部(大阪府警のミアタリの神)の見当たり捜査と経歴は?

ノーナレで「ミアタリ」が放送されます。

ミアタリって何って感じですが、

大阪府警のミアタリの神と呼ばれている

森本等警部が紹介されます。

森本等警部(大阪府警のミアタリの神)プロフィール、

見当たり捜査と経歴で調査しています。

早速ですが、それではいってみましょう!

Sponsored Links


見当たり捜査(ミアタリ)とは?

全国に指名手配されている逃走犯の顔写真を手がかりに

繁華街などの人ごみの中から手配犯を見つけ出す捜査方法です。

顔を覚えて、捕まえるという単純作業です。

イメージ的には普段、警察が行なっている捜査だなぁって思います。

しかし、普段の警察はもっと組織的に捜査しているはずです。

そうでなければ効率が悪すぎますからね。

DNA判定や画像解析などシステムでの調査も行なっているはずです。

見当たり捜査での容疑者との遭遇率は、0.00006%とのことです。

普通に考えてほぼ合えない確立の中で、

その一瞬のために街にでて探しているんですね。

大阪府警が見当たり捜査をはじめたのが1978年です。

大阪府警が始めて採用した捜査方法なんです。

これまで4000人以上という全国一の検挙率です。

年間にすると100人ぐらい逮捕しているってことですね。

見当たり捜査は、大阪府警以外でも13の都道府県でも導入されています。

ノーナレの「ミアタリ」番組内容

全国で指名手配を受けた容疑者およそ700人。

その指名手配犯を専門に追う刑事がいる。

通称“ミアタリ”ー「見当たり捜査」といわれる手法で

手配犯の顔写真を記憶し大都会の雑踏の中に同じ「顔」を見つけ出す。

昭和53年に大阪府警で導入され捜査の最後の切り札としてこれまで

4000人以上を検挙してきた。手配犯との遭遇率は0.00006%以下。

己の感覚のみを信じ、地を這(は)うような捜査を

続けるミアタリの世界に迫る

Sponsored Links


森本等警部(大阪府警のミアタリの神)の経歴は?

名前は、森本等(もりもとひとし)さんです。

年齢は、2017年4月で大阪府警を定年とのことですので、

60歳ではないでしょうか?

所属は大阪府警の刑事部捜査共助課です。

小さい頃は大阪府守口市土居町に住んでたそうです。

大阪府守口市土居町2 土居町2−22

 

見当たり捜査員の原点は、50年以上前の幼い頃に

土居の商店街にお母さんと一緒に買い物に行って、

迷子になり、必死にお母さんの顔を探した経験が、

人を探す原点になっていると話しておりました。

森本等さんは、今まで300人以上を逮捕してきた実績から、

大阪府警では「見当たりの神」と呼ばれているそうです。

定年ということで後継者を育てようとしています。

森本等さんの見当たり捜査の基本は、

指名手配犯の顔を覚えること!

目元を中心に目の形、ほくろの位置など顔の細部まで覚えるそうです。

目は年をとっても変わらないそうです。

森本等さんの覚え方のテクニックは、その人を知ることだそうです。

生い立ちやどんなことをしてきたとかを想像しながら、

話したりしているうちに、街で知り合い出会う感覚で

容疑者を捕まえるそうです。

容疑者にあったときは、心臓の鼓動がドンとなるそうですよ。

ノーナレでどんな風に紹介されるかは、分かりませんが、

凄い楽しみですよね。

なかなか見れない経験になりそうですね。

Sponsored Links


おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ