鯨本あつこ(離島経済新聞社編集長)の子供や旦那は?年収や経歴を調査

セブンルールで会社は東京で自宅は沖縄!

育児のため移住した美人編集長の働き方で

鯨本あつこ(いさもとあつこ)が紹介されます。

季刊リトケイを出版しています。

鯨本あつこ(離島経済新聞社編集長)のプロフィールや経歴、

娘と夫や年収を調査しました。

沖縄に住みながら会社が東京とは飛行機で

毎日通っているんですかね?

新幹線通勤は話しに聞くことはありますが、

飛行機通勤なんってかっこいいですよね。

そもそも飛行機に定期は無かったような気がしますね。

調べたところ、JALやANAには、電車やバスのような定期券はないようです。

しかし、バニラエアには「Vaniller’s Pass」という成田と奄美大島間が

一ヶ月乗り放題の定期券がありました。

沖縄は無いので使っていないですね。

でもマイルはすごくたまっていて、

世界一周ぐらいできるマイルはたまってんだろうなぁ。

うらやましいなぁー♪

早速ですが、それではいってみましょう!

Sponsored Links


鯨本あつこ(離島経済新聞社編集長)のプロフィール

名前は、鯨本あつこ(いさもとあつこ)さんです。

鯨本で「いさもと」って呼ぶんですね。

「くじらもと」さんだと思っていました。

私は教養が無さすぎですね。

鯨本という苗字って珍しいですよね。

日本全国にどれぐらい鯨本さんがいるか調べてみました。

日本全国に鯨本さんは、420人ぐらいいるそうです。

やはり珍しい苗字なので、少ないですね

全国順位にすると、14,072位とのことです。

茨城県下妻市や栃木県の河内郡上三川町に多い苗字なんです。

うちの父親の実家が下妻ですけど、鯨本さんに親戚は

いなかったなぁ・・・

生年月日は、1982年で誕生日までは分かっていません。

しかし、年齢から推測するに9月から3月までの

生まれということが分かりますね。

年齢は、2017年8月29日現在は、34歳です。

出身地は大分県日田市です。

出身地は、鯨本さんが多い茨城県や

栃木県ではなかったんですね。

現在は、沖縄県那覇市に住んでいます。

趣味は、人とお酒と考え事です。

趣味が人とは変わっていますよね。

でも街中で人間観察をすると面白いですよ。

暇のとき、人間観察してみてはいかがでしょうか?

お酒は、島とかに取材とか行くと思うので、

島のお酒が飲めていいではないでしょうかね。

沖縄に住んでいるので、泡盛とか毎日飲んでいるんですかね。

考え事が趣味って聞いたこと無いですね。

考えることが好きってことですよね。

考えすぎて頭がぐちゃぐちゃになっちゃいそうですが。。。

私は単純なんで、考えるのは好きじゃないですけどね。

Sponsored Links


鯨本あつこ(離島経済新聞社編集長)の経歴

高校卒業後は、セツモードセミナーというイラストレーション学校に

通っていたそうです。

最終的には、美容専門学校に入学し、卒業しています。

美容学校に通っていたということもあり、

地方のファッション情報誌の編集者として

就職しました。

しかし、ファッション情報誌の編集者はめちゃくちゃ

忙しく、1年半で退職しました。

雑誌の編集者って、毎月や毎週の締め切りがあって、

はたからみても大変そうなイメージはありますよね。

新聞社だと日刊なので、余計つらそうですよね。

ビジネス雑誌の広告ディレクターや

フリーのイラストレーター、美術学校の美術アシスタント

などの仕事に就いてましたが、

最終的には転職を7回も繰り返しています。

なかなか7回も転職する人って居ないですよね。

転職面接の時に、7回も転職していると

余程の理由が無い限り、この人はまた会社を辞めそうだから

って思われ落とされそうな気がしちゃいますね。

鯨本あつこさんは、面接に通っているので、

転職して自分に合う仕事を見つけられるって

強い信念があったんでしょうね。

フリーのイラストレータの仕事をしているときに

大崎上島のホームページを作ることになって、

その際に離島について興味を持ったそうですよ。

仕事から興味を持って、会社まで設立するんですから

相当好きだったんでしょうね。

2010年に仲間4人と離島情報を発信する

メディア「離島経済新聞社」を設立し、

現在、離島経済新聞社の社長兼編集長として活躍しています。

鯨本あつこさんは、あまみの甘み あまみの香りという本を

西日本出版社から出版していますね。

お酒好きの方は、必見ですね。

離島経済新聞社(リトケイ)とは?

離島経済新聞社(リトケイ)は国内約420島の本土以外の

有人離島専門メディアなんです。

6852島の「島」からなる島国・日本には、

世界6位規模の広大な海に浮かぶ約420島に人が暮らしています。

離島経済新聞社(以下、リトケイ)は、

世界有数の都市から自然豊かな集落まで、

多種多様な社会や文化が存在するこの国のなかで、

いわゆる本土と呼ばれる5島(北海道・本州・四国・九州・沖縄本島)

以外の有人離島にフォーカスするメディアです。

引用元:http://ritokei.com/about-ritokei/

2010年に離島経済新聞社は設立されましたが、

公益性の高い活動をするために2014年からNPO法人として活動しています。

webサイト「離島経済新聞」とタブロイド型の新聞「季刊リトケイ」を

発行しており、12人のスタッフが在籍しています。

鯨本あつこさんは、2012年には、ロハスデザイン大賞ヒト部門、

グッドデザイン賞を受賞する輝かしい実績をあげています。

会社は、東京都世田谷区三軒茶屋にあります。

JR線・東京メトロ銀座線/半蔵門線・東急線の「三軒茶屋」駅より

徒歩12分ぐらいのところにあるそうですよ。

Sponsored Links


鯨本あつこ(離島経済新聞社編集長)の子供や旦那は?

鯨本あつこさんは、2015年に子供を出産し、

1児の母でもあります。

お子さんは、2015年に出産しているので、

現在、2歳ですね。

インスタの動画を見る限り、女の子ではないでしょうか?

みかん王国の思い出は、蛇口からじょろじょろ、みかんジュース。#愛媛空港 1杯350円。

A post shared by 鯨本あつこ (@isamotoatsuko) on

旦那さんは子煩悩なようで、子供の面倒を

よくみていてくれたそうですよ。

旦那さんは10歳以上の沖縄県那覇市育ちです。

身長がものすごく高く190センチもあるそうです。

バスケット選手やバレーボール選手をやっていて

もおかしくない身長ですよね。

仕事は離島経済新聞社で営業と

実家の家業をしているそうです。

旦那さんも二つの仕事を持っていて大変ですよね。

鯨本あつこさんと旦那さんで同じ会社で

働いていて、鯨本あつこさんは社長兼編集長であり、

旦那さんは営業とのことですので、

意見が合わないことも多々あるでしょうね。

時には、仕事を家に持ち込み、

家でケンカをしてしまうこともあるそうですよ。

そこが人間身があって言い感じですよね。

こんな働き方があってもいいじゃないかという

東洋経済ONLINEのインタビューにも

答えていますね!

どんな働き方か気になりますね!

鯨本あつこ(離島経済新聞社編集長)の年収は?

鯨本あつこさんの年収って気になりますよね。

人の年収って気になっちゃいますよね。

出版社の編集長の平均の給料は、

60万円から75万円ぐらいといわれています。

60万円*12ヶ月=720万円

75万円*12ヶ月=900万円

鯨本あつこさんは、社長でもありますので、

720万円~900万円よりは貰っていると思うので、

1000万円ぐらいでは、ないでしょうか?

出版関係の有名企業の年収は以下となっています。

・講談社 2,200万円

・小学館 1,800万円

・角川グループ 870万円

・幻冬舎 1,200万円

・医学書院 1,600万円

・じゃらん 1,400万円

Sponsored Links


おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ