超深海地球最深(フルデプス)の場所はどこ?生物や水圧が気になる!

NHKスペシャル ディープオーシャンで

超深海 地球最深(フルデプス)への挑戦が

紹介されます。

超深海地球最深(フルデプス)の場所はどこ?

生物や水圧が気になる!で調査しました。

超深海とは、水深6,000メートル超える海溝の底まで

のことを言います。

技術革新で昔ではいけなかった深海へ

いけるようになってきましたが、

まだまだ未知な部分が一杯ありますね。

地球って本当に不思議なところですよね。

早速ですが、それではいってみましょう!

Sponsored Links


超深海 地球最深(フルデプス)への挑戦の番組内容

NHKで2017年8月27日(日)の午後9時00分から9時49分まで

NHKスペシャルの内容として

超深海 地球最深(フルデプス)への挑戦が放送されます。

深海といえば、ダイオウイカで一時期、

注目を浴びていましたよね。

深海の秘境に、最先端の科学で挑むシリーズ。

世界で初めてダイオウイカを撮影したNHK深海取材班が再び集結し、

新たな探検へと旅立つ。

最終回は、水深6000mを越える「超深海」。

地球の海の2%にも満たないという究極の深海ゾーンだ。

「超深海」の最深部(フルデプス)は

マリアナ海溝チャレンジャー海淵、10920m。

57年前、人類で初めて潜航した海洋冒険家は、

そこで深海魚を目撃したという。

しかし写真などの証拠はなく、

多くの研究者がこの目撃談に疑念を抱いてきた。

すさまじい水圧のため、

タンパク質が機能できなくなり生存不可能と考えられているからだ。

一体、「超深海」とはどんな場所なのか?

魚は?そして生命はいるのか?

番組では、フルデプスを自由に動き回れる無人探査機「UROV11K」や、

4Kカメラを搭載した探査機器「ランダー」を研究者とともに新たに開発。

のべ2か月に及ぶマリアナ海溝の探査航海に挑む。

これまでの研究で撮影された魚の映像は、8152mが最深記録となっている。

今回の潜航で、7~8000mでは天女のようにしなやかに泳ぐ深海魚、

硬い装甲で覆われた巨大ヨコエビなど、

予想以上に多くの不思議な生き物たちに遭遇。

彼らはどうやって水圧をはねのけているのか?探査機はさらに、

1万mを超す地球最深部を目指す。

果たして生命はいるのか?生きる限界に挑戦し続ける命の世界に迫る。

引用元:http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170827

世界で初めてダイオウイカを撮影したスタッフが

結成して今回撮影しているんですね。

今回は、新発見があったでしょうかね。

今回の撮影で海の最も深い所ところにいる魚を

カメラで撮った記録になったようです。

Sponsored Links


超深海地球最深(フルデプス)の場所はどこ?

超深海地球最深(フルデプス)の場所は、

マリアナ海溝チャレンジャー海淵です。

マリアナ海溝チャレンジャー海淵

 

超深海の最深部(フルデプス)は、

10920メートルといわれています。

10キロ以上が海底の底なんですね。

どうやって計ったんでしょうね。

一般的な魚釣りでは、

オモリを水面から沈めて底につくまでの秒数を測り距離を測るそうです。

原理は同じく計っているだと思います。

一番高い山はエベレストのヒマラヤ山脈にある標高8,848メートル

のチョモランマです。

それより超深海の最深部(フルデプス)は、

深いんですね。

深海にいる生物大事典で、前もって

勉強してから番組を見ると楽しいかもしれませんね。

お子さんの自由研究にいかがでしょうか?

超深海地球最深(フルデプス)の水圧は?

深海の水圧は、深く潜るほど、大きくなります。

深海魚がなぜ水圧に押しつぶれないかというと、

元々、体の中の水圧が周りの水圧と同じになっているからです。

水圧は、10メートルにつき1気圧と考えられています。

今回は8178メートルということは、817気圧ということになりますね。

8,000トンぐらいの力が掛かっているということになります。

全然、未知の世界ですね。

ただすごいとしかいいようがないですね。

Sponsored Links


超深海地球最深(フルデプス)の生物は?

超深海では、魚の細胞の機能が水圧でやられてしまうため、

理論的には水深8200メートルが生息できる限界だと考えられていました。

2017年5月に太平洋のマリアナ海溝チャレンジャー海淵の

水深8178メートルの地点に、4Kカメラを搭載した無人の観測装置を降ろして

調査したそうです。

今回見つかった生物は、以下の通りです。

・ヨコエビの節足動物の仲間

・シンカイクサウオの仲間

特徴は、体長はおよそ20センチで、

全体に白く半透明で、大きな頭とウナギのような細長い尾びれが特徴です。

以上が今回の撮影で確認されたようです。

Sponsored Links


おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ