江川悦子(特殊メイク)のプロフィールと経歴は?夫と年齢や作品は?

世界の日本人妻は見た!

【実は日本から10万人も移住★アメリカ・ロサンゼルス】

で「パイレーツ・オブ・カリビアン」や

マイケルジャクソンのPVで特殊メイク担当する

日本人女性として、江川悦子さんが紹介されます。

江川悦子(特殊メイク)のプロフィールや経歴、

旦那と年齢や作品を調査しています。

早速ですが、それではいってみましょう!

Sponsored Links


江川悦子さんのプロフィールや年齢は?

名前は、江川 悦子(えがわ えつこ)さんです。

徳島県徳島市生まれです。

父親が高校の教師とのことです。

生年月日や年齢は、公表していないですね。

短大を卒業して、1976年に就職していることを

考えると、60歳前半ぐらいではないでしょうか?

大学は、京都女子大学短期大学部 家政科を卒業しています。

大学時代はアルバイトとかして学生時代を

楽しんでいたそうですよ。

特殊メイクアーティストとして活躍しており、

メイクアップディメンションズ代表です。

江川悦子さんの経歴

1976年に出版社へ入社します。

夫の転勤でアメリカへ行くことになります。

映画『狼男アメリカン』で「人間が狼に変身していく」のメイクに

魅せられたのがきっかけで特殊メイクの世界を勉強するために、

1979年からアメリカ合衆国・ハリウッドにあるJoe Blasco make-up Center入学しています。

Joe Blasco make-up Centerを卒業後、映画スタジオで助手となっています。

映画『メタルストーム』、『デューン/砂の惑星』、『ゴーストバスターズ』、

『キャプテンEO』などのプロジェクトに参加しました。

1986年に帰国し、日活撮影所(調布市)の中に

特殊メイク制作会社の「株式会社メイクアップディメンションズ」

を設立しています。

住所:東京都世田谷区成城1-4-1 東宝スタジオ内

東京都世田谷区成城1-4-1 東宝スタジオ内

 

1987年 に『親鸞・白い道』で日本映画に初参加しています。

1990年 か1992年は、日本とアメリカを往復して仕事をする日々続きました。

1993年に夫が日本での勤務となったため、日本に帰国しています。

2007年に「江川悦子 – 特殊メイクの世界展 – 」をそごう徳島店で開催しています。

2015年1月に東スポ映画大賞の技術スタッフ部門を受賞しています。

現在、専門学校東京ビジュアルアーツメイク学科特殊

メイク専攻・特殊造型専攻特別顧問講師として教壇に立っています。

Sponsored Links


江川悦子さんの夫は?

江川悦子さんの旦那さんの情報は、

まったくない状況ですね。

旦那さんは、映画会社に勤めていることは分かりました。

江川悦子さんの会社も東宝スタジオ内にあるので、

東宝でしょうかね?

映画会社に勤めている方なので、一般人の方でしょう。

江川悦子さんは、特殊メイクの本も出版されていますね。

特殊メイクのコツが書いてあるそうですよ。

江川悦子さんの作品は?

特殊メイクは、傷メイク、坊主メイク、老けメイク、変装メイク、

キャラクターメイク、ホラーメイクなどざまざまのものに

対応してそうですよ。

特殊メイクだけではなく、

ダミー、マスク、スーツ、着ぐるみ、かつら等も作っており、

居ますよ。

メイクの一環として作られているんでしょうね。

以下のページに作品が紹介されていますよ。

http://mud.jp/specialmake/

http://mud.jp/specialmodeling/

http://mud.jp/specialwig/

さまざまなことに対応しているんですね。

Sponsored Links


おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ