黒糖ショコラとろーるの通販や値段は?カロリーや賞味期限を調査!

御菓子御殿が2017年7月29日から発売した

新商品「黒糖ショコラとろ~る」が

大人気だそうです。

黒糖ショコラとろーるの通販や価格は、

カロリーや賞味期限を調査しました。

黒糖ショコラとろーるは、

新商品なのに試食に出せないほど、

品薄で大人気とのことです。

御菓子御殿といえば、定番商品は、

だれもが一度は見たことが

「紅芋タルト」です。

紅芋タルトもおいしいですよね。

ついついスーパーとかで売っているときは、

買っちゃいますね。

早速ですが、それでは行ってみましょう!


Sponsored Links


黒糖ショコラとろーるとは?

「黒糖ショコラとろ~る」とは2017年7月29日(土)から

御菓子御殿から発売している新商品のお菓子です。

1カ月で8万個を販売予定が、2017年8月22日現在で、

既に10万個も売れているですよ!

2万個も予定より売れているということは、1.25倍も

予想より売れているってことですね。

今は、売れすぎて、試食に出せないほど、

品薄で在庫が無いそうです。

今後の売れ行きしだいですが、増産も検討しているそうですよ。

売れすぎて最近は、1ヶ月も経たないままに

一時販売中止になることもありますからね。

販売中止にならないことを祈るしかありませんね。

「黒糖ショコラとろ~る」ですが、

「沖縄の暑い気候でも楽しめるチョコレート菓子を」

ということで考案された商品なんです。

熱いところでチョコレートを食べるととけちゃいますからね。

それを考慮した形のお菓子なんですよ。

味もそうですが、お客様目線のお菓子作りですね。

沖縄みたいな南国のハワイのお土産もチョコレートですよね。

元々、熱いところでもチョコレートは売れているってことですね。

粒状の黒糖を混ぜた柔らかいチョコレートを、

黒糖と黒蜜を練り込んだクッキー生地で包んでいます。

そのおかげで、黒糖の香りと粒の食感が楽しめるそうですよ。

黒糖は、カリウム、カルシウム、鉄分等 多くのミネラル成分を含んでいる

優しい甘さの沖縄県産黒糖を100%使用しているとのことです。

ちなみにアレルギー物質は、小麦・卵・乳成分・大豆が含まれています。

このアレルギーがある方は、気をつけてくださいね!


Sponsored Links


黒糖ショコラとろーるの値段は?

黒糖ショコラとろーるの値段ですが、

現在、8個入り、12個入り、18個入りの3種類で売られています。

・8個入 650円(税抜) 702円(税込)

・12個入 960円(税抜) 1,036円(税込)

・18個入 1,450円(税抜) 1.566円(税込)

8個入りは1個当たり81.25円、

12個入りは1個当たり80円、

18個入りは1個当たり80.55円

一番、パフォーマンスが良いのは12個入りになりました。

一番、数が多い18個がコストパフォーマンスが良いと思った

12個入りとは、売れ行きと同じく予想外ですね。

一番売れるのが12個入りなんでしょうね。

黒糖ショコラとろーるのカロリーや賞味期限は?

気になる黒糖ショコラとろーるのカロリーなんですが、

正式には公表されていないみたいですね。

御菓子御殿の一番人気の紅芋タルトのカロリーが

1個260キロカロリーといわれています。

予想すると200キロカロリーぐらいあるのでは、

無いでしょうか?

賞味期限は、製造日より120日です。

意外と長持ちしますね。

これはお菓子でもほぼ同じですが、

保存は直射日光・高温多湿の場所を避けて保存すること

となっています。

夏は、冷蔵庫に入れて冷やして食べても

美味しいかもしれませんね!

黒糖ショコラとろーるの通販は?

黒糖ショコラとろーるの通販ですが、

御菓子御殿のオンラインショップで販売しています。

通信販売は2017年8月1日から販売開始しています。

http://www.okashigoten.com/index.html

上記でも書きましたが、

新商品なのに試食に出せないほど、

品薄で大人気とのことで、

2017年8月30日(水)現在では、

残念ながら、売れ切れの状態となっています。

しかし、まだこちらの店舗では売っているようですよ。

売れ切れる前に購入しちゃいましょう!

早速、私もポチリとしました。

現状、沖縄に行っても買えるか

分からないほどの人気なので、

ネットで買うのが一番、良いかもしれませんね。

一番は、沖縄に旅行に行く機会が

あってついでに買うのがお土産としては

ベストですが♪

Sponsored Links

おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ