テンサイシストセンチュウの画像や特徴は?生態や人への被害は?

2017年9月1日に長野県諏訪郡原村で、

テンサイシストセンチュウの発生が

日本で始めて発見されました。

どの経路から入ってきたのかは調査中です。

最近、ヒアリをはじめ、害虫の話題が

急に増えたような気がしますね。

テンサイシストセンチュウの画像や特徴は?生態や人への被害は?

で調査しています。

キャベツ、ブロッコリーが値上がりしないか心配になりますね。

さっそくですが、それでは行ってみましょう!

Sponsored Links


テンサイシストセンチュウの画像や特徴は?生態や人への被害は?

テンサイシストセンチュウのアブラナ属等の作物に

甚大な影響を及ぼすおそれのある重要病害虫です。

ジャガイモシストセンチュウと同様に土壌を介して、

広がることが判明しています。

既に発生した場所の土壌を他のほ場に移動しないことが

発生を広げないことになるそうです。

雄成虫は白色で、シストは褐色でともにレモンのような形をしています。

体長は0.6mm~0.9mmです。

テンサイシストセンチュウ

引用元:https://mainichi.jp/

ショクヨウダイオウ、アブラナ属(野沢菜、カリフラワー、ブロッコリー

など)植物及びフダンソウ属(テンサイなど)の生植物の地下部に

発生します。

人には影響しないようです。

テンサイシストセンチュウが付着した野菜を食べても

人には影響しないとのことです。

ひとまずは、人には影響しないことがわかって、

ほっとしますね。

しかし、農家の人にとっては、また一つ害虫の

対策を行なわないといけないことになってしまいましたね。

Sponsored Links


おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ