朝飛七海(柔道)のwikiやインターハイの成績は?家族や父親と妹を調査

ザ・ノンフィクションで、乙女盛りを勝負にかけて・・・

18歳真夏の涙で朝飛七海あさとび ななみ)さんが出演します。

桐蔭学園高等学校の柔道部のキャプテンとして頑張っている

朝飛七海さんを特集したドキュメンタリー番組です。

朝飛七海(柔道)のプロフィールやwikiは?

インターハイや大会成績は?家族や父親と妹は?

を調査しています。

早速ですが、それではいってみましょう!

Sponsored Links


朝飛七海(柔道)のプロフィールやwiki

朝飛七海

引用元;http://www.townnews.co.jp/0101/2016/10/27/354625.html

名前は、朝飛七海(あさとび ななみ)さんです。

まずは、苗字の読み方がわかりませんでした。

「あさとび」さんと呼びます。

朝飛さんってめずらしい苗字ですよね。

調べたところ、全国に「朝飛」さんは、

170人ぐらいしか居ないようです。

そりゃーあ珍しい人の苗字ですね。

全国の苗字の順位は、23,302位です。

「朝日」を起源をしているそうです。

宮崎県宮崎市に多く居る苗字です。

出身地は神奈川県横浜市です。

お父さんが宮崎県出身とかなんですかね?

年齢は、現在18歳で、高校3年生です。

桐蔭学園高等学校の柔道部のキャプテンとして

活躍しています。

今回のザ・ノンフィクションでは、

朝飛七海さんの成績の伸び悩みやチームメイトなどの

生活が特集しています。

朝飛七海さんは、物心がついた2歳ごろから

柔道をされていたようで、父親が経営している

柔道の道場「朝飛道場」で始めました。

家族は柔道一家なんですって。

現在は、高校での部活と朝飛道場での練習を

して日々、強くなるために努力しています。

たまの休日には、ショッピングに行って、

気を晴らしているそうですよ。

実は、歌手のジャスティン・ビーバーが好きで、

来日した時には練習の間を縫ってライブに行ったそうですよ。

試合前も曲を聴いて気持ちを盛り上げて

試合に挑んでいるそうですよ。

Sponsored Links


朝飛七海(柔道)の家族や父と妹は?

朝飛七海さんの家族は柔道家族です。

父、母、兄、妹の5人家族です。

朝飛七海さんの父親は、朝飛大さんです。

もともと、朝飛大さんの父親の

朝飛速夫さんが1958年に創立した道場なんですよ。

リオオリンピックの銅メダリストの

羽賀龍之介選手を輩出しています。

現在、父親からついで朝飛道場を経営しています。

朝飛速夫さんも柔道家としては、

日本一になったことがありますが、

オリンピックという大舞台への出場は

できなかったようです。

朝飛七海さんや妹へオリンピック出場の

夢を託しているそうですよ。

母も若い頃は柔道家で

それなりの成績を残してきたそうです。

柔道家だけではなく、アームレスリング

で17回も日本王者になっているそうです。

柔道の本やDVDも発売していますね。

妹は、朝飛真実さんです。

妹さんも実績があり、全国小学生学年別柔道大会を

2連覇しています。

全国中学校柔道大会でも優勝しています。

お兄さんも柔道はしております。

朝飛七海(柔道)さんの大会成績やインターハイの結果は?

中学生の時に全国大会のベスト16になっています。

その後、怪我により、腕の痛みが治らず苦労しました。

怪我だけではなく、ストレスで原因不明の

腹痛にも襲われていたようです。

そんな時期にもありましたが、高校2年生の時に、

全日本カデ(年末時点で15歳以上18歳未満)の

柔道体重別選手権大会の女子70kg以下級で優勝しています。

インドで行なわれたアジア大会でも優勝しています。

2017年度のインターハイでは、個人戦で優勝し、

および団体戦でも優勝をしています。

Sponsored Links


おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ