宮坂力はペロブスカイトを開発!経歴や学歴は?妻と子供や家族は?

2017年のノーベル賞の有力候補として、

桐蔭横浜大学の宮坂力(みやしたつとむ)

特任教授が化学賞の候補としてあがりました。

ペロブスカイトと呼ばれる結晶が

太陽電池になることを発見したことによる

候補者選出です。

宮坂力のプロフィールと経歴や高校と大学、

ペロブスカイトを開発、嫁と子供や家族を

調査しました。

早速ですが、それでいってみましょう!


Sponsored Links


宮坂力さんのプロフィール

宮下力,画像

引用元:http://www.cc.toin.ac.jp/sc/miyasaka/about/index.html

名前は、宮坂力(みやしたつとむ)さんです。

名前は力でつとむさんと読むんですね。

「ちから」さんや「りき」さんだと一瞬思っちゃいました。

すみません。

苗字の宮下さんは、結構居る苗字ではないでしょうか?

調べてみたことろ、全国におよそ90,700人いるそうです。

苗字の全国順位は、245位らしいですよ。

年齢は、64歳です。

生年月日は、1954年です。

誕生日までは、公開していないようですね。

神奈川県出身です。

専門分野は、電気化学や物理化学です。

現状分かっている情報は上記のみなので、

今後追記していきます。

宮坂力さんの学歴

1972年3月に早稲田大学高等学院を卒業しています。

1976年3月に早稲田大学理工学部応用化学科を卒業しています。

1978年3月に東京大学大学院工学系研究科工業化学修士課程を修了しています。

1981年3月に東京大学大学院工学系研究科合成化学博士課程を修了しています。


Sponsored Links


宮坂力さんの経歴

1980~1981年にカナダ・ケベック大学大学院生物物理学科客員研究員として

働いています。

1981年 4月に富士写真フイルム(株)に入社しています。

足柄研究所研究員として配属されます。

1992年 7月に富士写真フイルム(株)の足柄研究所の主任研究員となります。

2001年12月~2017年3月に桐蔭横浜大学大学院工学研究科教授となります。

2004年にペクセル・テクノロジーズ株式会社を設立し、

代表取締役に就任しています。

2013年からJST-ALCA研究開発プロジェクトチーム代表に就任しています。

2017年4月から桐蔭横浜大学医用工学部臨床工学科の特任教授となります。

ペロブスカイトとは?

2009年に宮坂力さんの研究室によって、

ハロゲン化鉛系ペロブスカイトを利用した

ペロブスカイト太陽電池が開発しました。

エネルギー変換効率は、以前の3.9%から21.0%に性能がアップし、

次世代の太陽電池として期待されれている太陽電池です。

今のところ、耐久性に課題があるそうですが、

コストが低く、実用化が検討されているそうです。

宮坂力さんの妻と子供や家族は?

宮坂力さんが結婚している情報は今のところ

ありませんね。

そうなると妻や子供も居ないことになりますが、

どうなんでしょうね。

研究者って意外と研究熱心で家族のことまで

回らないイメージがありますが、

ノベール賞とか取る人とかをみると、

忙しいながら家族を大切にしているイメージは

ありますね。

やはり研究者としても家族に対しても

やさしさをもっているからこそ、

ノーベル賞を受賞できる人が選ばれているんでしょうね。

Sponsored Links

おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ