恐竜海岸(奥尻島)の場所や奥尻ブルーを調査!アクセス方法は?

沸騰ワード10で奥尻島の恐竜海岸が

紹介されます。

 

恐竜海岸(奥尻島)の場所や行き方や奥尻ブルーとは

で調査しています。

 

奥尻島って北海道にあることは分かりますが、

実際、どの辺にあるんでしょうね。

利尻等の近くですかね。

利尻といったら昆布が有名ですよね。

 

奥尻島では何が有名なんでしょうか気になりますよね。

恐竜海岸の動画もありますので、お楽しみに♪

早速ですが、それではいってみましょう!


Sponsored Links


奥尻島とは?

北海道の南西部の日本海上に浮かぶ島です。

北海道奥尻島

 

函館から見ると、日本海側にありますね。

函館には行ったことはありますが、

奥尻島ってところはまったく知らなかったですね。

 

面積は142.97km2もあるそうですよ。

意外と広い島なんですね。

歩いて回れる島って感じではないですね♪

北海道はさすがにスケールもでかいですね。

 

北海道では5番めに面積の広い島ですよ!

人口は、2015年3月31日現在、2,881人

住んでいるそうです。

やはり土地は広いですが、人はあまり

住んでいないんですね。

 

島なので余計人は少ないイメージはありますね。

島の西部には温泉も出るところがあるそうですよ。

 

奥尻島には、奥尻空港があり、

日本航空(北海道エアシステムにて運航)が函館空港から1往復就航していますよ。

もちろんながら島ということで、

船でも奥尻島に行くことができ、

江差町と奥尻港の間で日に往復2便しています。

また、せたな町と奥尻港の間には、

夏季のみ日に1便または2便、フェリーが運航しています。

 

奥尻島での旅館は、

楽天トラベルでお客様アンケート大賞受賞している

この宿ではないでしょうか?

 

奥尻島のPR動画ありました!

これも参考にすると良いと思いますよ♪


Sponsored Links


恐竜海岸(奥尻島)の場所や奥尻ブルーを調査!アクセス方法は?

奥尻島へのアクセス方法は分かりましたが、恐竜海岸の場所や行き方は

どういけば良いのでしょうか?

実は、恐竜海岸って名称の海岸は無いんですよ。

通称で恐竜海岸と呼ばれているだけなんですね♪

 

実際の場所的には、奥尻島の北部にある勝間岬らへんを

恐竜海岸と呼んでいるそうですよ。

北海道奥尻島勝間岬

 

なぜ恐竜海岸と呼ばれているんでしょうかね?

奥尻島の北部にある勝間岬らの海岸線に、

恐竜の背中のような奇岩が並び、

恐竜たちが、そこかしこにいるような場所なんですよ。

岩のジュラシックパークの世界が広がっているんですよ。

 

ジュラシックパークと言えば、最近、日本テレビで

金曜日の21時から放送していましたよね。

その際の際の吹き替えの声優を代えて、

問題なっているそうですよ。

次回作の声優もその人にしようと思ってたそうですが、

そのため、吹き替えの声優については、

難航しているそうですよ。

 

恐竜海岸なんですが、問題があって、

実は、車で行くには難しいところなんです。

車でいけるような道はないみたいです。

まぁ岩場なので、さすがに車で行くことはできないでしょうね!

 

だったら、歩いて行けばいいのではと思いがちですが、

とても足元が悪い場所で崖等もあって危険だそうです。

 

一番安全に見る方法は、カヌーや小型船に乗って、

海上から眺めるのが良いと思います。

 

そんなところなんで、

人為的な破壊や、自然の植生による変化も風化等による

倒壊などが無く、そのままの状況で残されているのが

奇跡に近いレベルですよね。

 

奥尻ブルーとは、エメラルドグリーンに輝く、

奥尻の海を奥尻ブルーといっているそうです。

海中の岩にいるウニを覗くことができるほどの透明度なんですって。

 

動画でも紹介されていました。

動画でみると分かりますが、

すごく綺麗な場所ですよね。

島ということで、海の幸がおいしそうですよね。

まとめ

奥尻島には、

恐竜海岸というところがあって、

海からではないと、見られないことが分かりました。

恐竜海岸を見に行くときは、

海から見に行く手段を手配して行きましょう!

Sponsored Links

おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ