広島太郎の初代の正体や年齢を調査!現在は金持ちで年収がすごい?

ドキュメント72時間で、

広島太郎さんが紹介されます。

広島太郎さんっていったい誰?

そんな芸能人いたのって感じですよね。

 

広島太郎さんについて調査しました。

・wikiプロフィールと経歴

・初代の正体や年齢

・現在は金持ちで年収がすごい

 

早速ですが、それでは行ってみましょう!


Sponsored Links


広島太郎さんのwikiプロフィールや年齢は?

名前は、広島太郎(ひろしま たろう)さんです。

 

広島太郎さんは、広島で路上生活を

している人なんです。

いわゆるホームレスって人ですね。

 

でもなんで、ホームレスがテレビで取材されるか?

不思議ですよね。

 

広島太郎さんの本名については、

不明なんです。

 

昔は本通太郎と呼ばれていましたが、

今は、広島太郎と呼ばれています。

 

なんと広島では有名で、

広島太郎は、3人に2人が知っている

伝説のホームレスなんですって。

 

伝説のホームレスって何か凄いことを

したような人ですね♪

 

年齢は、結構いい年をした

おじさんなんです。

 

具体的な年齢については

不明なんですよ。

 

推測になりますが、

70歳ぐらいではないでしょうか?

 

広島太郎さんは、

大量のぬいぐるみを体中につけたファッションで

自転車という格好で目撃されています。

 

広島の中心街を歩いていると、

目撃することができるそうですよ。

 

広島には観光で行ったことはありますが、

見かけたことは無いですね。

 

ホームレスといえば、一般的に考えると

嫌がれる存在ですよね。

 

広島太郎さんは、広島県民から

そこまで嫌がられていないらしいですよ。

なんとちょっとしたご当地キャラや

神様みたいになっているそうですよ。

 

もし、街で見かけたら

「今日は珍しいものをみたから良いことあるかも!」

とまで言われているそうです。

 

神出鬼没なのが所以なのでしょうね。


Sponsored Links


広島太郎の初代の正体は?

現在の広島太郎さんは二代目なんですよ。

広島太郎の名前は、引き継がれていくものなんですね。

 

実は、三代目広島太郎さんも

出てるくるかもしれませんね。

 

広島太郎さんの初代は原爆が投下される前から

存在していたそうですよ。

 

遊郭の女の人に可愛がってもらってて、

「太郎さん、太郎さん」と声をかけられて、

小銭を貰っていたらしいです。

現在の広島太郎さんも同じく、

水商売系の女性には人気があって、

「あの人に名前を覚えられたら、夜の女として出世する」

という伝説まであるそうですよ。

 

都市伝説系の話ですね♪

 

実は、女の子が誰でも良いわけではないようですよ。

女の子がお金を上げようとしたら、

無視されたそうです。

 

名前を覚えた女の子の場合は、

「100円おくれよ」と言ったそうですよ。

広島太郎さんは、もしかしてみる目があるんですかね。


Sponsored Links


広島太郎さんは現在は金持ちで年収がすごい?

年収

広島太郎さんは本当はお金持ちという噂があります。

 

マツダの御曹司や鉄鋼会社の御曹司だったけど、

人間社会に嫌気がさしてホームレスをしているのでは

という話もあります。

 

これについては、どれが本当かは、

分からないのが実情です、

 

広島太郎さんに聞いても

おそらく教えてもらえないでしょうね。

 

年収は、御曹司だったら凄いですよね。

でも現在は、ホームレスなんで、

年収は0円に近いのではないでしょうか?

 

広島市美術館のポスターにもなったことが

あるので、このときはいくらぐらい

貰っているんでしょうね。

 

あとフジテレビへの出演料金は、

時給180万という紙を持っていますね。

そうしたら凄い金額になりますね。

神だから仕方がないですかね・・・

 

実は、広島太郎さんと写真を撮ることが

可能みたいなようですが、

1枚1000円取るそうです。

 

どっかの観光地の写真撮影みたいですね!

まとめ

広島太郎さんの調査した結果

 

・現在の広島太郎さんは2代目!

・年齢は、推測で70歳ぐらい?

・御曹司だった噂があった。

・年収は0円に近いのでは?

 

ドキュメント72時間で広島太郎さんについて、

取材するそうですが、その番組内では

広島太郎さんには会えなかったそうです。

 

ますます謎が深まるだけの

広島太郎さんですね。

Sponsored Links

おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ