お盆休み2016の期間はいつからいつまで?帰省ラッシュは?

会社に入ってから、気軽に長期連休は取れるのは、「お盆休み」と「年末」だけの人は多いのではないでしょうか?

その長期連休の一つ「お盆休み」ですよね♪

「お盆休み」は、実家に帰省したり、海やプールに出掛けたり、海外旅行に行ったりする人も多いのではないでしょうか?

筆者は、「お盆休み」中に休まず、少しずらして夏休みを取る予定です。

2016年からは新しい祝日の「山の日」が8月11日に制定されました。

「山の日」が増えたことによって、会社の「お盆休み」も長期化になるのでしょうか?

2016年の「お盆休み」は、いつからいつまでなのか?調べました。

早速ですが、それでは行ってみましょう!

Sponsored Links

お盆とは?

お盆

お盆とは、夏に行われる行事で、霊を自宅に迎え、供物をそなえ経をあげるという日本独自の行事です。

8月13日 夕方 迎え火(ご先祖様を家に迎える)

8月16日  送り火(ご先祖様を送る)

8月13日~16日 の 4日間のことを一般的にはお盆と呼んでいます。(地域によっては、異なります)

お盆の時期は地方によって異なります

・7月13日から4日間

・8月13日から4日間(月遅れ)

・旧暦のお盆

※僧侶の読経で、初盆・新盆(ニイボン)の法要を執り行ったり、お盆の墓参りが行なわれます。

迎え火、送り火を焚く風習も残っています。

引用元:お盆はいつ お盆 墓参り(お供え・迎え火・作法)

2016年のお盆休みの期間はいつからいつまで?

お盆,2016,カレンダー

一般的なお盆は2016年8月13日(土)~16日(火)の4日間になります。

2016年より、8月11日は『山の日』という祝日が制定されます。

お休みが増えるのはうれしいことですね♪

一般企業のお盆休みの期間は、以下のように予想されます。

山の日から休みでない場合「2016年8月13日(土)~8月16日(火)の4連休」。

山の日から休みの場合「2016年8月11日(木)~8月16日(火)の6連休」。

山の日とは?

山の日は、2014年(平成26年)に制定され、2016年(平成28年)に施行された日本の国民の祝日の一つである。

国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条では、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨としているが、山に関する特別な出来事などの明確な由来があるわけではない。

「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第43号)」が2016年1月1日に施行され、8月11日は同年より国民の祝日「山の日」となった。

この祝日が制定されたことで、祝日の制定がない月は6月のみとなった。

引用元:wikipedia

行政機関や銀行のお盆休みは?

行政機関や銀行では、一般的にカレンダー通りの休みになります。

個別にお盆休みを取るのが一般的なようです。

帰省ラッシュのピークはいつ頃?

Sponsored Links

2016年お盆休み期間の高速道路や公共交通機関の渋滞・混雑のピークは、分散型になると思われます。

2016年8月11日(木)スタートの会社と、2016年8月13日(土)スタートに分かれると思われるため、混雑は分散され緩和されると思われます。

Uターンラッシュについても、2016年8月14日(日)から2016年8月16日(火)まで分散されると思われます。

高速道路の帰省ラッシュのピーク

高速道路の帰省ラッシュのピークは、以下となります。

2016年8月11日(木)の7:00頃

2016年8月13日(土)の7:00頃

Uターンラッシュのピーク

高速道路のUターンラッシュのピークは、以下となります。

2016年8月14日(日)の17:00頃

2016年8月15日(月)の17:00頃

公共交通機関の帰省ラッシュのピーク

公共交通機関の帰省ラッシュのピークは、以下となります。

2016年8月11日(木)の午前中

2016年8月13日(土)の午前中

Uターンラッシュのピーク

公共交通機関のUターンラッシュのピークは、以下となります。

2016年8月14日(日)の午前中

2016年8月15日(月)の午前中

ピークを避けて、効率よく移動し、翌日以降に疲れをためないようにしましょう♪

まとめ

帰省ラッシュ

今年は、いつもより休みが長くとれる人が多そうな日程なので、前もって計画して、効率よく移動し、長期連休を楽しみましょう♪

Sponsored Links
おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ