畠山義就の読み方や最強武将の噂?信長の野望での能力はどうなる?

歴史

歴史秘話ヒストリアの

「そうだったのか!応仁の乱 大悪人 畠山義就」で

畠山義就さんが特集されます。

 

畠山義就さんって歴史上の人物で

大きいことを成し遂げた人いましたっけって

レベルの私なんですが、

 

実は、応仁の乱の答が畠山義就さんが

持っていることが今回特集されるようです。

 

畠山義就さんについて調査しました。

 

・畠山義就のwikiプロフィールと読み方は?

・最強武将の噂?

・信長の野望での能力はどうなる?

 

早速ですが、それではいってみましょう!


Sponsored Links


畠山義就の読み方は?

昔の人も今の人も読み方が難しい人が

いますよね。

特に昔の人は難しい感じがします。

昔の人の名前は学校時代に

勉強した人ぐらいしかなじみがないので、

そう感じるのかもしれませんが・・・

 

畠山義就さんもその一人ですよね。

「はやけやま」まで読めますが、

その後は、「よしつね」?って思ってたのですが、

違うようですね。

 

名前は、畠山義就(たけやま よしひろ、または、よしなり)

さんです。

 

「よしひろ」か「よしなり」の読み方は

今でも判明していないんですね。

 

ところで、畠山義就さんについてまったく知識が

ないので、調べてみました。

畠山義就のwikiプロフィール

名前は、ご紹介の通り、

畠山義就(たけやま よしひろ、または、よしなり)さんです。

幼名は次郎と呼ばれており、

初名は義夏(よしなつ)です。

 

昔の人って元服するまでは違う名前で

呼ばれるんですよね。

大河ドラマとかみてもそうですよね!

 

室町時代後期から戦国時代前期の武将で、

河内・紀伊・山城・越中の守護大名なんです。

 

守護大名とは、wikipedeiaでは以下のような解説をしています。

軍事・警察権能だけでなく、経済的権能をも獲得し、

一国内に領域的・一円的な支配を強化していった

室町時代の守護を表す日本史上の概念

引用元:wikipedeia

大阪や京都、富山県を仕切っていた人なんですね。

 

ネットでは、戦国大名第一号は、

北条早雲ではなく、畠山義就だとの噂がありますね。

 

生まれは、永享9年(1437年)に生まれたとされています。

延徳2年12月12日(1491年1月21日)に他界しています。

 

足足利将軍家の一門にて室町幕府の

三管領家の1つである畠山氏の出身なんです。

 

父親は管領畠山持国です。

母親は側室です。

 

子供は、修羅、義豊(基家)の二人で、

猶子に政国です。

家督相続を巡って従弟の弥三郎政久、政長一派と

対立したことによって、応仁の乱を

引き起こすことになります。


Sponsored Links


畠山義就は最強武将?

畠山義就は最強武将ではないかと

ネットでは噂になっていますね。

 

どのように最強だったかは

わかりませんが、

実は、室町時代後期から戦国時代前期に

ついては情報が少ないですよね。

 

応仁の乱とかで資料がなくなってしまったんでしょうかね。

 

畠山義就は、最強武将として

信長の野望での能力に話は、なっていきますね。

畠山義就は信長の野望での能力はどうなる?

https://twitter.com/ctiaTVKPa58hJZw/status/929601569045168128

コーエーが発売している信長の野望ってゲームが

ありますが、「歴史シミュレーション」を

切り開いたゲームなんです。

 

私もPCで信長の野望をやっていましたね。

国を強くして、攻めて国を確保して、

国を制覇するゲームなんですよ♪

 

戦国時代を元のゲームなので、

室町時代後期から戦国時代前期の武将の

畠山義就さんは出ていることは無いですよね。

 

でももし信長の野望に出ていたら、

どれぐらいの能力を持っているのかというのが

ネットで話題となっています。

 

 

実際は、コーエーさんが作るとしたどれぐらいなんでしょうね。

推測ですが、戦闘が60とかですかね。

 

どうやって比較していいかゲームバランスによって

変わるので難しいですよね。

戦闘の能力だけが高そうなイメージはありますよね・・・

コーエーさんに作ってもらうしかないですよね(笑)

まとめ

畠山義就さんについて調査した結果、

 

・読み方は、畠山義就(たけやま よしひろ、または、よしなり)です。

・文献が少なく、最強かは判断できない。

・信長の野望での能力は、戦闘が60ぐらいではないか?

 

歴史秘話ヒストリアを見て、畠山義就さんについて

もっと勉強しないといけないなぁって思いました。

 

放送を楽しみにしていましょう♪

Sponsored Links

おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ