諸熊奎治の経歴や出身大学・高校は?結婚した嫁(妻)や子供を調査!

男性

ノーベル化学賞の有力候補だった

諸熊奎治さんが2017年11月27日に

心不全のため他界していることが本日、

報道されています。

 

瑞宝中綬章を受章したり、

文化功労者(理論化学・計算化学)として

表彰されている人なんですね。

 

諸熊奎治さんについて調査しました。

・wikiプロフィールと経歴

・学歴(出身大学・高校)

・結婚した嫁(妻)や子供

 

早速ですが、それではいってみましょう!


Sponsored Links


諸熊奎治のwikiプロフィール

名前は、諸熊 奎治(もろくま けいじ)さんです。

 

諸熊さんって珍しい苗字ですよね。

あまりいない苗字ですよね。

 

日本全国に諸熊さんがどれぐらいいるか

気になったので、調べてみました。

 

諸熊さんは、全国でおよそ760人なんです。

やはり少ない苗字でしたね。

苗字の全国順位は、9,816位です。

 

生年月日は、1934年7月12日です。

年齢は、83歳です。

2017年11月27日に他界しています。

心不全でした。

 

出身は、大阪府泉佐野市です。

生まれは、鹿児島県鹿児島市です。

 

生まれたのが鹿児島でその後、

大阪にいったんですね。

 

理論化学者であり、日本学士院会員です。

「オニオム法」を開発したり、

理論化学、計算化学の分野で評価されていました。

 

ノーベル化学賞の有力候補として

挙がっていた人なんですよ!

 

肩書きをたくさん持っており、

自然科学研究機構分子科学研究所名誉教授、

アメリカ合衆国エモリー大学名誉教授、

京都大学福井謙一記念研究センターシニアリサーチフェロー、

国際量子分子科学アカデミー前会長を就任していました。

諸熊奎治の学歴(出身大学・高校)

学歴

1950年に泉佐野市立第一中学校を卒業しています。

1953年に大阪府立今宮高等学校を卒業しています。

 

この後はずっと京都大学で勉強するんですね。

1957年に京都大学工学部を卒業しています。

1957年に京都大学大学院工学研究科の修士課程進に進学しています。

1959年に京都大学大学院修士課程修了しています。

 

1959年に京都大学大学院博士後期課程に進学しています。

1963年に工学博士を取得しています。


Sponsored Links


諸熊奎治の経歴

経歴

1962年に京都大学工学部助手となっています。

1964年-1966年 コロンビア大学博士研究員となっています。

1966年に京都大学を退官します。

 

1966年-1967年にハーバード大学博士研究員となります。

 

1967年にロチェスター大学助教授となります。

1969年にロチェスター大学准教授となります。

1971年にロチェスター大学教授となります。

1976年にロチェスター大学を退職してします。

 

1976年に分子科学研究所赴任しています。

1978年-1993年に分子科学研究所電子計算機センター長に就任しています。

1993年に分子科学研究所を退官します。

 

1993年にエモリー大学赴任しています。

2006年にエモリー大学名誉教授となっており、

京都大学にも赴任します。

福井謙一記念研究センターリサーチリーダーとして活躍します。

 

2010年に春の叙勲で瑞宝中綬章を受章しています。

2012年に文化功労者(理論化学・計算化学)となっています。

 

2013年~ 京都大学福井謙一記念研究センター

シニアリサーチフェローとして勤めていました。

 

2015年12月に日本学士院会員選定しています。

 

ざまざまな賞を受賞しており、恩賜賞・日本学士院賞、

日本化学会賞、国際量子分子科学アカデミー賞、

WATOCシュレーディンガーメダルを受賞しています。

諸熊奎治の結婚した嫁(妻)や子供

結婚

諸熊奎治さんの奥さんは、盈子(えいこ)さんと

いいます。

今回、喪主として取り仕切っていました。

 

諸熊奎治さんの子供について調査しましたが、

情報がないですね。

 

喪主が盈子さんがしているってことは、

実は子供がいなかったのかと推測できますね。

まとめ

諸熊奎治さんについて調査した結果、

 

・大学は、京都大学工学部

・高校は、大阪府立今宮高等学校

・奥さんは、盈子さん

・子供は、いないと推測

 

ノーベル賞を狙える人が他界するとは、

残念ですよね・・・

なかなか候補にも挙がるものも難しいというのに。

 

諸熊奎治さんが果たせなかったノーベル賞について、

次世代の人にノーベル賞を取ってもらいましょう!

Sponsored Links

おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ