多田武彦の経歴!結婚した嫁(妻)や子供は?出身大学や高校を調査!

画像

多田武彦(タダタケ)さんと言えば、

男声合唱組曲の雨、富士山、柳川

などが有名作品ですね。

どれも名作ですね♪

 

多田武彦さんって検索すると音取り音源って

検索されているようですね。

 

多田武彦さんについて調査しました。

 

・多田武彦さんwikiプロフィールや経歴

・結婚した嫁(妻)や子供は?

・出身大学や高校

 

早速ですが、それでは行ってみましょう!


Sponsored Links


多田武彦さんwikiプロフィール

名前は、多田 武彦(ただ たけひこ)さんです。

 

多田さんと言えば、今で言えば陸上の

多田修平さんですかね。

100メートルを9秒94というタイムを

出して話題になりましたね。

 

多田さんってどれぐらい日本全国にいるんでしょうか?

気になるので調べてみました。

 

多田さんは、全国で、およそ94,100人です。

苗字の全国順位は、234位です。

意外と多田さんは多いんですね。

もう少しで10万人でしたね。

 

タダタケの愛称で呼ばれていますね。

 

生年月日は、1930年11月です。

噂では、2017年12月12日に他界している

って噂もでていますが、事実確認はできていないので

わかりませんね。

 

大阪府大阪市生まれです。

 

合唱曲を中心に手掛けている作曲家です。

 

多田武彦さんの出身大学や高校が気になりますね。

 

多田武彦さんの代表作ですね。

学歴

多田武彦さんの出身大学や高校を調べてみました。

高校は、旧制大阪高校です。

高校の時に合唱を始めております。

高校の先輩には東京混声合唱団桂冠指揮者の田中信昭さんがいますね。

 

大学は、京都大学法学部を卒業しています。

大学在学中に、京都大学男声合唱団の指揮者として活躍します。

作曲家の清水脩さんに作曲上の指導助言を受けております。

 

多田武彦さんの大学卒業後の経歴が気になりますね。


Sponsored Links


多田武彦の経歴

経歴

多田武彦さんは、お父さんや祖父が松竹の役員だった

こともあり、映画監督を志望していました。

しかし、諸般の事情により断念しています。

 

いろいろ周りから何かがあったんでしょうね。

深くはわかりませんが・・・

 

京都大学卒業後、富士銀行(現・みずほフィナンシャルグループ)

に入行しています。

 

銀行勤務をしながら、

1954年に北原白秋の詩による男声合唱組曲『柳河風俗詩』を

発表しています。

 

作曲家として多数の作品を発表しています。

1961年に、男声合唱曲「雨の来る前」が全日本合唱コンクールの

課題曲に入選しています。

 

時代的に土曜日も勤務だったと思うので、

本当に土曜日の午後から日曜日で作曲をしていたんですね。

 

銀行を辞めて作曲家になろうかとは

思わなかったんですかね?

 

時代が銀行を辞めるなんって考えられない

時代だったんですかね。

 

1963年には混声合唱組曲『京都』で芸術祭に参加し、

文部大臣奨励賞を受賞しています。

 

銀行を退職した現在でも、作曲や合唱指導を行っています。

今まで作った作品は組曲単位だと70作を超えています。

 

すごいですよね。

銀行勤務しながら作曲して、この曲数とは・・・

頭が下がりますね。

 

多田武彦さんは結婚しているか気になりますね。

多田武彦さんの結婚した嫁(妻)や子供は?

結婚

多田武彦さんの嫁(妻)や子供を検索したのですが、

全くないですね。

 

結婚しているってことも情報がないんです。

 

情報がないってことは、結婚されていないんですかね?

 

推測になりますが、結婚されておらず、

嫁(妻)や子供いないと思われます。

引き続き調査します。

まとめ

多田武彦さんを調査した結果、

 

・結婚されておらず、嫁(妻)や子供もおらず、

独身ではないかと推測

・大学は、京都大学法学部を卒業

・高校は、旧制大阪高校

 

最後に音源を紹介しますね。

 

多田武彦さんの他界についての情報についての

続報については、速報を待ちましょう!

今の時点ではわからないので・・・

Sponsored Links

おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ