鹿目凛(かなめりん)のスリーサイズや本名は?出身高校や大学を調査!

女性

女性アイドル、鹿目凛さん

みなさんご存知でしょうか?

 

アイドルグループ【でんぱ組.inc】の

新メンバーとなった女性アイドルです。

 

鹿目凛さんは、【ベボガ!】という

アイドルグループに所属をしていたのですが、

 

なんと!【でんぱ組.inc】と【ベボガ!】の活動を兼任で

する形で新メンバーとして

【でんぱ組.inc】に加入となりました。

 

そんな鹿目凛さんですが、

どのようなプロフィールをお持ちの方なのでしょうか?

調べて見ました。

 

・wikiプロフィール

・スリーサイズや本名は?

・出身高校や大学

 

鹿目凛さんの可愛い動画を最後に紹介しますね。

お楽しみに!

 

早速ですが、それでは行ってみましょう!


Sponsored Links


鹿目凛のwikiプロフィール

名前は、鹿目 凛(かなめ りん)さんです。

愛称は、ぺろりんさんです。

 

生年月日は、 1996年9月21日です。

年齢は、2018年1月8日現在、21歳です。

 

出身は、埼玉県です。

 

身長は、160センチです。

 

血液型は、A型です。

 

キャッチフレーズは、

イラストも描けちゃうあなたの彼女(ハート)なんですって!

 

特技は、漫画を描く事です。

 

本当に可愛いアイドルですね!

また、「ぺろりん先生」という名義で4コマ漫画やイラストを描いて、

イラストレーターとしても活躍しています。

このイラストを最初に見たとき、

本当に可愛い〜!と感じました。

 

頭に卵を乗っけてるあたり、発想がすごいですね。

 

ちなみに、ヲタク観察が特技という

事を公言している事もあって、

ツイッターに掲載している一コマ漫画も、

イラストにもそれがよく表現されていますね。

鹿目凛のスリーサイズは?

鹿目凛さんのスリーサイズについて調べて見ました。

 

が!

残念な事に非公開でした

 

ただ、見る限り【Eカップ】以上はありそうですね。

お腹もしっかりとくびれていて、

余計に胸が強調されていますね。

鹿目凛の本名は?

女性

鹿目凛という名は、芸名のようですね。

姓の【鹿目】は、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の

主人公・鹿目まどかに由来しているみたいです。

 

【凛】は、以前mixiで「ぺろりんこ」という

ハンドルネームをつかっていたが、

メンバーから「『ぺろりんこ』っておかしくない?

『ぺろりん』でいいじゃん」と言われたことから

「ぺろりん」となったそうです。

 

なので、残念ながら本名はわかりませんでした(汗)

引継ぎ調査は続けますね!


Sponsored Links


鹿目凛の出身高校は?

高校

出身高校については、はっきりとした情報はありませんが、

【夜間学校に通いながらアイドル活動をしています。】

と、ブログで公開されていたこともあり、

色々な憶測が飛び交いました。

 

よく話が上がってくるのが、春日部高校ですが、

確かに春日部高校には定時制があるみたいですが、

春日部高校には制服が無い

そうなんです。

 

https://ameblo.jp/kanamerin1996/entry-11951679064.html

なので、上記の本人の写真には制服で写ってるので、

春日部高校以外の高校に

行っていたのでは?と思います。

 

また、このマフラーの巻き方も可愛いですね。

鹿目凛の大学はどこ?

大学
鹿目凛さんについて調べて見ましたが、

どこかの大学に通っているという情報は、

残念ながらありませんでした。

 

過去に鹿目凛さんが、綴ったブログでの文章があります。

【今日の現場は元学校で、懐かしい気持ちになったよ〜】

 

こちらは鹿目凛さんが過去に綴った文章ですが、

このブログからもわかるように2016年時点で、

【学生に戻りたくなった】と言っていましたので、

この時ではすでに、学生ではなくなっている

いう事がわかります。

 

なので、大学には通ってはいないのでしょうと

推測します。

 

この人も話題の人です。

根本凪は可愛いが彼氏は?目が斜視の噂!出身高校や中学を調査!

まとめ

まとめ

鹿目凛さんについて調査しました。

 

・スリーサイズは不明だが、Eカップではないかと推測

・本名は、不明

・高校は、春日部高校ではないと推測

・大学は、通っていないのではと推測

 

鹿目凛さんの可愛い動画はこちら!


大好きな【でんぱ組.inc】に加入する事ができて、

鹿目凛さん本人も、大喜びですね!

 

イラストを描くアイドルとして、

これからもツイッターなどに投稿して

更に反響を呼び、ファンが増えると良いなと思いました。

Sponsored Links

おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ