ムーミンの国籍はどこ?センター地理Bの問題で出題!正解(答え)は?

画像

今年は、センター試験問題の地理Bで

ムーミンを出題されました。

 

去年は、日本史Aで妖怪ウォッチの

問題が出題されて話題になりましたね!

 

今年はムーミンでしたか!

意外ですね!

 

センター地理B問題で出題された

ムーミンの問題について、国籍はどこ?や

正解(答え)を調査しました。

 

早速ですが、それでは行ってみましょう!


Sponsored Links


ムーミンとは?

ムーミンとは調べてみました。

wikipediaでは以下と解説していますね。

ムーミン一家の好奇心旺盛な優しい男の子で、

ムーミンシリーズの主人公。

日本では妖精だといわれているが、厳密に言えば妖精ではない。

見た目は直立したカバ(もしくはコビトカバ)のような

風貌をしているように言われるが、

原作者本人の挿絵ではカバの吻に見える部分は

巨大な鼻という設定である。

フィンランドのどこかにある「Muumin Dalen」(ムーミン谷)と

呼ばれる場所で、ひっそりと暮らしている。

冬になると家にこもって冬眠する。

ムーミンは、昔、アニメでやっていましたよね。

ほっこりするアニメでしたよね。

カバだとと思っていたんですけど、

カバではなく、巨大の鼻だったんですね!

 

ここで知っていればフィンランドって

分かりましたね!

 

 

冬に冬眠していたので、

冬の場面がなかったんですね。

 

子供のころだからまったく疑問を

思わずにみてしまいました。

 

今や、スマホやPCで

簡単に調べれる時代になっていますからね。

 

ムーミンのDVDはこちら!

ムーミンの国籍はどこ?センター地理B問題で出題!正解(答え)は?

画像

ムーミンのセンター試験問題が出題されたのは

地理Bで出題されています。

 

問題は以下となっています。

 

ノルウェーとフィンランドをモチーフにした

アニメーションの問題であり、

 

タとチはノルウェーとフィンランドのどちらかの

舞台のアニメーションかを選ぶ問題と

 

AとBはノルウェー語とフィンランドが書いており、

どちらかがノルウェー語かフィンランド語を選ぶ問題です。

 

アニメーションには、

「ムーミン」「小さなバイキングビッケ」の絵が描いてありますね!

 

ムーミンの原作者はフィンランドの作家トーベ・ヤンソン氏

なので、フィンランドになりますので、「タ」ですね!

 

小さなバイキングビッケは、

12世紀ごろにヴァイキングがいましたので

ノルウェーということになり、

「タ」となることが証明されますね。

 

でも試験勉強していたらアニメの正解は

いくらたっても分かりませんよね。

 

これじゃあー批判がでても

仕方がないような気がしますね・・・

 

A「ヴァ コステル デ?(いくらですか)

B「パリヨンコ セ マクサー(いくらですか?)

 

これは何語が使われていることってことなので、

例題の「ヴァ」がでていることが分かれば、

簡単な問題だったかもしれません。

そうなると「B」となりますね。

 

なお、フィンランドは北欧3カ国で、

言語系統がことなることもあり、

「B」となることが証明できますね。

 

答えは「タ」と「B」ということなので、

②となります。


Sponsored Links


ムーミンの問題に対しての評価は?

ツイッターでムーミン問題出題により、

ムーミン公式サイトのツイッターに寄せられています。

こちらは、水曜どうでしょうを見てれば、

分かると書いていますね!

ジョジョでもわかると書いていますね。

アニメは勉強になるってことが分かりますね。

あまり気にせず読まずにちゃんと理解して

読んだ方が実はよかったんですね(笑)

 

この人も話題の人です。

奥山かずさのwikiプロフ!出身高校や大学は!身長・体重を調査!

伊藤あさひのwikiプロフ!出身高校や中学は!本名が気になる!

まとめ

まとめ

今年は、センター試験問題の地理Bで

ムーミンを出題されたのは意外ですね。

 

なんでムーミンなんでしょうね。

去年は妖怪ウォッチだったので、

アニメの流れて主題者が好きなアニメから

選んだんですかね?

 

そこらへんは不明でしたが、

ひょんなことからムーミンが話題となっています!

Sponsored Links

おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ