ノアコインのホワイトペーパーとは?仕組みや信憑性を調査!

仮想通貨1

ノアコインというのは、2017年に大きな物議を

醸し出した仮想通貨の一つです。

 

一説には詐欺コインではないかと

言われているノアコインですが、

 

2017年の10月には公式サイトにて

ホワイトペーパーが公開されて、

12月末日にはノアコインの開発が無事に

完了したというニュースもありました。

 

2018年1月現在では、

既に第1回~第3回のプレオープンが

終了しているということになっていて、

第4回のプレオープンに関しては

2018年の4月1日~5月20日を予定されています。

 

国家的なプロジェクトだという呼び声も

高かったノアコインですが、

怪しい噂も絶えなかったという特徴がありますので、

こちらではノアコインの仕組みや信憑性に

ついて詳しく紹介していきます。

 

以下の項目で調査しました。

・ノアコインの仕組みや特徴について

・ノアコインの信憑性を調査してみた

 

早速ですが、それでは行ってみましょう!


Sponsored Links


ノアコインの仕組みや特徴について

仮想通貨2

ノアコインは開発している企業が

フィリピンの企業となっていて、

フィリピンの貧困問題を解決するために

誕生したプロジェクトとなっています。

 

ノアコインの特徴に関しては、

従来の仮想通貨と同じように現金と

同じような使い方をすることが出来るということと、

持っているだけで複利の利息が

発生するということが挙げられます。

 

また、代表的な仮想通貨でもあるビットコインと

比較した場合でも、送金時に掛かる手数料や

時間が少なくなっているということを

セールスポイントにしているために、

次世代の仮想通貨を牽引する仮想通貨に

なるのではないだろうかというような話を

耳にすることも多いです。

ノアコインの信憑性を調査してみた

仮想通貨3

気になるのはノアコインの信憑性となっていて、

2017年には色々と騒ぎになった仮想通貨でもありますので、

いくつか問題となったポイントについてまとめてみます。

 

まずはノアコインが国家的なプロジェクトだという

真偽についてですが、

ノアコインはあくまでも仮想通貨となっていますので、

国ではなく一企業が開発しているプロジェクトとなっています。

 

そのため、フィリピンの貧困問題を解決するという

目的のために開発された仮想通貨となっていますが、

フィリピンの国に関しては何の関係も無いということが挙げられます。

 

次に返金騒動についてですが、

こちらも想定以上の枚数が購入されてしまったために

返金をしたということになっていて、

詐欺として立てたプロジェクトなら返金しない

だろうということが挙げられますので、

こちらも問題ではないでしょう。

 

最後に複利配当についてですが、

持っているだけで40年間も配当が

続くということに関しては懐疑的にならざるを

得ないというのが正直な感想でしょう。

 

確かに銀行に預けるよりも遥かに高金利の配当が

もらえるということに魅力を感じている人は

多いと思われますが、配当率を考えると企業の利益が

無いにも等しくなりますので、

この点に関しては不安が残ります。

 

このように、ノアコインは新たな仮想通貨として問題が

あるのかという話になると信頼できるというように

捉えることが出来ますが、配当を目当てに購入する人の

場合は注意したほうが良いのかもしれません。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

ノアコインのプレオープンに関しては、

第4期が4月1日からスタートすることになります。

 

それまでにはもう少しまとまった情報が公開されると

思われますが、2018年の1月現在では情報が散逸していて、

何が正しくて何が間違っているのか

判断することが出来ない状態となっています。

 

そのため、現時点でノアコインに投資をするという場合は、

ハイリスク・ハイリターンになる可能性が

高いということになりますので、

その点も考慮してから購入するようにした方が良いでしょう。

Sponsored Links

おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ