iPhoneSE2のスペック(性能)情報!デザインやカラーは?大きさを調査!

iPhoneの中でも小型で安価な人気機種iPhone SE。

 

その後継種iPhone SE2が2018年に発売されるのではないか、

そんな噂がまことしやかにささやかれています。

 

そこでこの記事では、

iPhone SE2のスペック(性能)情報!デザインやカラーは?大きさを調査!」と

いう題目でiPhone SE2の性能を調査・紹介していきます。

 

iPhoneSE2のイヤホンジャックやベゼルレスについて調査しています。

iPhoneSE2のリーク情報2018!イヤホンジャックやベゼルレスを調査!


Sponsored Links


iPhone SE2のリーク情報まとめ

iphonese2,画像

まず現在(2018年2月17日)までにあった

大きなリーク情報を以下にまとめておきます。

①2017年8月1日

iPhone SE2が2018年に発売されるのではないか」との情報

(インドメディアtekz24より)

 

②2017年11月22日

2018年上半期に現行同等のスペックを持つ4インチの

Touch ID付きiPhoneが発売される。

これは現iPhone SEが組立されているインドのWistron

工場にて組立てられる。」との情報

(CENS(China Economic News Servise)より)

 

③2018年1月2日

ミドルレンジのスマホマーケットをターゲットにした

第2世代iPhone SEを2018年に発売予定」との情報

(台湾TrendForceより)

 

④2018年1月8日

iPhone SE2はワイヤレス充電に対応し、

iPhone 8やiPhone Xのような背面ガラスとなる」との情報

(インドメディアtekz24より)

 

⑤2018年1月26日

ワイヤレス充電に対応し背面ガラスの

iPhoneが2018年5~6月に発売予定」との情報

(台湾Digitimesより)

 

⑥2018年1月29日

⑤の情報は怪しい。

Appleの開発状況を考えればiPhone SE2の発売は

2018年の下半期が妥当だ

 

また、高価なワイヤレス充電のような最新機能は

実装されないだろう。」との見解を発表

(KGI証券Ming-Chi Kuo氏)

 

これらの情報をもとに、今ある噂をまとめていきましょう!

iPhone SE2のスペック(性能)情報

iphonese2,画像

2017年8月、tekz24の「iPhone SE2が2018年に発売されるのではないか」

との情報の中で「iPhone SE2のスペックはiPhone7をもとに作られる」と

されています。

 

情報元であるtekz24はその情報から、

以下のようなスペックになると予想しています。(2017年8月時点)

 

・プロセッサ:A10 Quad-core Processer
・メモリ:2GB RAM
・ストレージ:32GB/128GB
・カメラ:メインカメラ1200万画素・フロントカメラ500万画素
・バッテリー:1700mAhs

 

これに加え、2018年1月初旬には

iPhone SE2はワイヤレス充電に対応し、

iPhone 8やiPhone Xのような背面ガラスとなる」との

情報も加えられています。

 

ただし、2018年1月末に

ワイヤレス充電と言った高価な最新機能はコスト的に考えにくい。

という見解も発表されています。

 

この見解を発表したKGI証券のMing-Chi Kuo氏は、

これまでの事前情報の分析に定評があります。

 

そのため、ワイヤレス機能に関してはどうなるかは

まだまだわかりません。

 

確かにiPhone SEの特徴としては小型でお手頃価格なiPhoneなので、

最新の機能の搭載は難しいかもしれません…

 

しかし、iPhone8やiPhone Xを見ると、

Appleはワイヤレス充電の流れへ舵を切りつつあるのではないでしょうか!?

 

というわけでワイヤレス充電に関しては今後の情報に期待ですね。


Sponsored Links


iPhone SE2のデザイン

iphonese2,画像

iPhone SE2のデザインについては様々な会社や

デザイナーがコンセプト画像を作っています。

 

中にはFace IDやデュアルカメラを搭載した

iPhone Xと同等程度の性能で、

iPhone SEと同等程度のサイズというものもあります。

 

しかし裏付けがありそうな情報としては、

やはりインドメディアtekz24が2018年1月9日に

twitterにアップロードしたこのコンセプト画像でしょう。

 

・ディスプレーサイズは4.2インチ(現行iPhone SEは4インチ)
・バックパネルはガラスコーティング(iPhone4シリーズと同じ)
・ホームボタンあり(Touch ID)

 

このツイートには「iPhone SE2には背面ガラスあり

と書かれています。

 

バックパネルがガラスコーティングとなる理由は

tekz24が1月8日にリークした情報通り、

ワイヤレス充電に対応するためということです。

 

この画像の通りであれば、現在のiPhone SEの形状に近そうです。

今でも人気のiPhone SEが値段を大きく変えずに

グレードアップするということであれば、

今後もファンは増えそうです!

 

個人的にもiPhone SEにはこの方向性で進んでもらいたいものです。

iPhone SE2のカラー

iphonese2,画像

iPhone SE2のカラーについて、

今あるリーク情報の中には残念ながらまだ記載がありません…

しかし、TechConfigurationsというチームが

Youtubeにコンセプト動画を公開しています。

 

その動画ではブラック、ローズゴールド、レッド

3色が表示されています。

 

また、その他のチームが作ったものの中には

iPhone SEと同様のカラーバージョンのコンセプト画像もあります

ゴールド、スペースグレー、シルバー、ローズゴールド)。

 

そのため、カラーに関してはまだまだ未確定と言えるでしょう。

こちらもこれからの動向に期待が高まりますね。


Sponsored Links


iPhone SE2の大きさ

iphonese2,画像

iPhone SE2の大きさについても具体的な情報はまだありません。

 

しかし、リーク情報やコンセプト画像からは

ディスプレーサイズが4~4.2インチになると予想されています。

今のiPhone SEのディスプレーサイズが4インチのため、

外形はそこまで変わらないと考えられます。

 

iPhone SEの人気の一つはその持ちやすいサイズ。

 

サイズが大きく変わらないというのは

iPhone SEファンにとっては喜ばしいことでしょう。

 

個人的にもそうあってほしいと思います!

 

iPhoneSE2のおサイフケータイやホームボタンを調査しています。

iPhoneSE2のおサイフケータイ(FeliCa・Suica)やホームボタンを調査!

iPhoneSE2の価格や防水機能を調査しています。

iPhoneSE2の価格(値段)やサイズ!防水機能や色は?発売日はいつ?

まとめ

まとめ

以上、これまでの情報のまとめでした。

様々な情報が行き交い、

どれが本物なのかは非常にわかりづらいです。

 

しかし、そこまで最新機能は盛り込まれないと

いうのが大方の予想です。

 

2018年1月末にKGI証券のMing-Chi Kuo氏が発表した見解では

「iPhone SE2には最新の機能はほとんど盛り込まれない。

安価な構造とiOSをスムーズに動かすための若干のグレードアップがなされる。」

とも言われています。

 

どれにしてもまだまだ確定的な情報ではありませんが、

iPhone SE2には今まで通りの小型サイズで

お手頃価格なiPhoneのままでいてほしいですね。

 

値段が変わらず必要最小限の最新機能が

盛り込まれていれば、今まで以上に人気が出るでしょう!

Sponsored Links

おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ