MALIA.が有吉反省会スペシャルで反省する内容は?

2016年7月09(土)23時20分~23時55分に有吉弘行さんが

MCを務める「有吉反省会スペシャル」(日本テレビ系)が放送されます。

2016年7月09(土)は23時50分~23時15分から通常の「有吉反省会」が放送されます。

今日の有吉反省会スペシャルでは、反省人が二人います。

一人目が本田友也さん、二人目はMALIA.さんです。

一人目の本田友也さんの記事は以下のページからどうぞ。

本多友也が有吉反省会スペシャルで反省する内容は?

MALIA.さんは、「毛という毛が嫌いで男性のすね毛を抜きまくっていること」を反省します。

では早速ですが、行ってみましょう!


Sponsored Links


MALIA.さんプロフィール

MALIA.

名前: MALIA.

愛称 :まーちゃん

生年月日:1983年2月1日

年齢:33歳

出身地:神奈川県横浜市

血液型:O型

身長:167センチ

スリーサイズ:B84、 W60、H89

靴のサイズ 24.0センチ

趣味:ラインストーンアート、ショッピング

父親はパキスタン人で、母親は日本人のハーフです。

1997年に渋谷でスカウトされ芸能界入りし、

ファッション雑誌「fine」でモデルデビューしました。

現在はモデル業とタレント業、ファッションブランドのディレクター、

ブラジリアンワックスサロン Moalani Waxのオーナーもしているそうです。

MALIA.さんは3度も結婚しているそうです。

1回目は、松本山雅FCの田中隼磨選手と2002年に結婚し、長男を出産し、2004年に離婚。

2回目は、格闘家の山本KID徳郁と再婚し、2005年に結婚し、次男、長女を出産し、2009年に離婚。

3回目は、横浜F・マリノスの佐藤優平選手と2015年に結婚。

3回目も結婚できる何ってすごいですね。

MALIA.さんが有吉反省会で反省する内容は?


Sponsored Links


「毛という毛が嫌いで男性のすね毛を抜きまくっていること」を反省します。

脱毛をしている指原も思わず失言が…!?
引用元:Yahoo!テレビ

夫や男友達のスネ毛を見るとブラジリアンワックスを使ってツルツルに

したくなるという彼女に対し、

有吉は「やりたいですって言ったら、俺のもやってくれるの?」と質問。

「やりましょうか?」と返されると、

「……いいんですか?」と顔を緩ませ一同の笑いを誘う。

引用元:http://natalie.mu/owarai/news/193933

さすがに髪の毛までは抜きまくってはなくって良かった。

スキンヘッドじゃないとダメとか言われたら、限られた人しか付き合えないですね。

タイトルだけみるとすべての毛を抜いているイメージだったので。

さすがにお笑いでやっているようなガムテープで取ったりはしてなかったですね。

反省するぐらいなので、これぐらいやっていると話題性がすごくあるような気がします♪

ブラジリアンワックスって調べてみると痛くはないみたいです。

メリット

レーザー脱毛に比べると、コストが安い
毛根から引き抜くため、カミソリや電気シェーバーで処理するよりも仕上がりがキレイ
毛が生えてくるのに約6週間の期間があり、カミソリなどよりもお手入れの回数が少なくて済む
広い面積を一気に処理することができ、毛抜きで抜くよりも短時間で処理が完了する

デメリット

お肌への負担が大きく、出血や毛穴の炎症、埋没毛などのトラブルを引き起こしやすい
ワックスと同時に、毛のない部分の皮膚の角質も一緒に剥がしてしまう
慣れないと処理が難しく、失敗する人が多い
完全に脱毛するわけではないため、定期的に処理する必要がある

引用元:http://www.skincare-univ.com/article/003111/

指原さんの失言ってなんでしょうね?

気になりますね。

以下は、放送をみて更新しています。

スタッフのすね毛を早速、3分でつるつるにしちゃいました。

Jリーガーがターゲットにされているみたです。

毛のないもの同士がするってことが指原さんが言ってしまいました。

AKB総選挙で24万票を集めた指原さんが言っちゃうんですからすごいですよね。

本多友也さんのすね毛をブラジリアンワックスでスタジオを取っちゃいました。

禊は剛毛の大江豊さんと副島淳さんの毛をブラジリアンワックスで取ること。

毛が抜くのが好きなのに、面積が広すぎてテンション低めになるほど。

大江豊は中途半端で北島三郎に呼ばれて、中途半端に。

副島淳さんは、全身脱毛した仕上がりは、最高のこと。

Sponsored Links


おすすめ記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ